雪印食品を告発後、9割の荷物が消えた 西宮冷蔵の闘いは今も続く:日経ビジネス電子版

2002年、外国産牛肉を国産と偽っていたとして取引先の雪印食品を告発した西宮冷蔵の水谷洋一社長。告発によって不正に関わった関係者が逮捕され、雪印グループは実質的に解体されることとなった。しかし告発した...

ツイッターのコメント(13)

西宮冷蔵の闘いは今も続く:日経ビジネス

>告発から10カ月後に休業に追い込まれた。告発したのに、まさか、自分が国から業務停止命令を受けるとは──。政官財が連携し、大企業に刃向かえばこうした仕打ちを受ける、という見せしめだ…
日本では正義の告発をした人は報われないことが多い。
> 資金繰りに窮し、告発から約10カ月後に休業に追い込まれた。告発したのに、まさか、自分が国から業務停止命令を受けるとは──。政官財が連携し、大企業に刃向かえばこうした仕打ちを受ける、という見せしめだと感じた。
やはり雪印はダメだ
えぐい。通報者が保護されない社会というのは、正直、ちょっとあり得ない。あっちゃいけないんですよ。
正しい側が馬鹿をみる社会はおかしい。
西宮冷蔵応援しています!
“告発したのに、まさか、自分が国から業務停止命令を受けるとは──。政官財が連携し、大企業に刃向かえばこうした仕打ちを受ける、という見せしめだと感じた”
かわいそう。。。
紙の爆弾がずっと応援していますね。
いくら正しいことでも、家族も社員も巻き添えになる。
同じ境遇ならどうしただろうと身につまされる記事。
雪印食品の偽装事件覚えてますか?告発者の惨状知ってますか。
小泉首相が行革を薦めた頃ですかね。結局、小泉首相、石原伸晃は、消費者の味方、正義の味方・西宮冷蔵を切り捨てた。
これが、日本人の嫌らしさ、残酷さ。サモシイな。
昨日前編読んだやつの後編。こわいようこわいよう
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!

 西宮冷蔵の闘いは今も続く
以上
 
PR
PR