雪印食品の牛肉偽装から20年 暗転した告発者、水谷洋一氏の人生:日経ビジネス電子版

2022年6月、改正公益通報者保護法が施行され、従業員が300人を超える企業に通報窓口の設置などが義務付けられる。不正の早期発覚を促すための国の制度は整い始めている。だが、告発者を守るという観点からは...

ツイッターのコメント(13)

未だに権力者には逆らえない、正直者は叩かれるって事か?ダメだな!
この国は、www
2、3年前にこの話を聞いてから雪印の食品1人で勝手に不買運動してる笑笑

ひどい…
告発者が不利益を被るといえば、先日のMBS『映像』特番で見た西宮冷蔵社長の今に絶句した。雪印食品の牛肉偽装を告発して20年。世間には「正義の行動」が称えられたものの、会社は倒産し、娘は自殺未遂。後悔はないと言うが…事件後を丁寧に追ったルポ前後編が日経ビジネスに。
当時18歳、衝撃だった。本当に憤りしかない、少しでも正直者が馬鹿を見ないような生き方を作りたい。
勇気を出して内部告発した行く末は?

ほとんどのマスコミは数字のとれる時期、自分たちの都合の良いようにしか追わない・・・。

こんなんじゃ、みんなバカらしくて正論を言わなくなる。

少なくとも、院内の目安箱で提言してくれることくらい全力で守ってあげたい!
この件、強く記憶に残っている社会的な事柄の一つだけど娘さんのことまでは知らなかった。
告発するときは、いつでも組織から離脱できる状態になってないと恐ろしいな。
これは痛ましい。
ただ、こんなことになるんなら、雪印側の真意を問いただしてもよかったかもね。
隠滅は難しそうですから。
会社:メモ:「 暗転した告発者、水谷洋一氏の人生」
めっちゃこわ‥告発したら不幸になるよって啓蒙(っておかしいけど)になっちゃってんじゃん
次回記事が気になる。>
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!

 暗転した告発者、水谷洋一氏の人生
以上
 
PR
PR