いつの間にか「パワハラ大国」のニッポン ハラスメント保険に殺到:日経ビジネス電子版

ツイッターのコメント(11)

ハラスメント保険の前にハラスメント起こらないようにする環境整備は……
図書館行って日経ビジネス手にしたら特集が「パワハラ大国」パワハラ保険なるものが、今、保険業界で急成長のカテゴリーだそうです。
なるほど企業が入るのか
『企業が加入し、ハラスメント行為への適切な対応を怠ったなどとして従業員らから損害賠償を求められた場合、賠償金や裁判のための弁護士費用などを賄う。』

 ハラスメント保険に殺到:日経ビジネス電子版 -
うーん…。なんかツッコミたくなるところが沢山ある感じの記事なのですけれど、眠いのでとりあえずシェアだけしておきます(ぉぃ

「 ハラスメント保険に殺到」
おはようございます

日本はハラスメントの多さ世界4位。人材流動性の低さがハラスメントの多さを押し上げる要因の一つ。上司は選べない。でも自活できるスキルあれば働く環境選べる。個の時代、手に職をつけると幸せな仕事環境もついてくる
ハラスメント保険に殺到
パワハラ権は上司へのご褒美だと何度言えば
《「ハラスメント保険(雇用慣行賠償責任補償特約)」。企業が加入し、ハラスメント行為への適切な対応を怠ったなどとして従業員らから損害賠償を求められた場合、賠償金や裁判のための弁護士費用などを賄う。損害保険大手が2010年代から注力し始めている》
当該保険の被保険者は企業で、保険金は「賠償金や裁判のための弁護士費用」。被害者は個人で戦わなければならないし、企業はいくらでも裁判を長引かせられる。
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!

 ハラスメント保険に殺到
ハラスメント保険。
米国でメジャーな雇用慣行賠責保険もおまけ特約に。日本では、高額事例も乏しく、会社側の味方イメージになりがちなのが難しさ。
「企業向けの保険で、ここまで伸びている商品はない」。三井住友海上火災保険新種保険部の岡野晃課長代理は、ある商品についてこう話す。
その商品の名は「ハラスメント保険(雇用慣行賠償責任補償特約)」
以上
 
PR
PR