老化のスピードには45歳の時点で大きな個人差:日経ビジネス電子版

ツイッターのコメント(14)

「45歳時点で生物学的な老化が進んでいる人は、認知機能や身体機能の老化も進んでおり、見た目も老けて見える」
「年齢」というのは身体的老化に必ずしも絶対的でなく、「若く見える」人は本当に若い可能性…
何がそうしているのか、知りたい人も多そう
調査によると、45歳で人によって老化に大きな差が出ていることが判明。老化のペースは最大6.1倍差。

・記憶力
・運動能力
・見た目

など、様々な項目で。

記事では「実年齢ではなく、生物学的な年齢に基づく支援を行う社会の構築が必要ではないか」と伝えています。
興味深いですし、めっちゃビジネスになりそうな研究結果!45歳でおっさんとお兄さんの違いが明確に出てくる😂同じ1歳の加齢でも身体が0.4歳しか老化してない人と4.4歳老化している人がいるみたいです。
同じ45歳でも老けてる人と若々しい人の差は激しいですよね。1歳、歳を取っても実際に身体が0.4歳しか老化してない人と4.4歳老化している人がいるみたいです。
僕は実年齢よりかなり若くみえるほうだと思う。ハゲてないし、白髪もないし、老眼でもない。でも、腹は出た:老化のスピードには45歳の時点で大きな個人差
なるほど。分からん! -
うん。見た目年齢若い人はだいたいイケてる
わかる。「生物学的な老化が早い人は、認知機能、身体機能、見た目の老化も進む」
へえええええ。
今はまだ、個人差があると分かったとという時点で、ではこれから先どうするかはこれからなのね。
いや、まぁ当たり前というかそうだよねって話だけど、裏付けられると違うね。
「最も遅い人では実年齢が1歳上昇するごとに生物学的には0.4歳しか年を取っておらず、最も早い人では同じ期間に2.44歳も老化」
本文より「45歳時点で生物学的な老化が進んでいる人は、認知機能や身体機能の老化も進んでおり、見た目も老けて見える」
なんと。
「老化のスピードには45歳の時点で大きな個人差」
日経ビジネス
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第3位!

老化のスピードには45歳の時点で大きな個人差
メモ:「老化のスピードには45歳の時点で大きな個人差」
以上
 
PR
PR