TOP > 政治・経済 > 事業継続危うし、新電力から「電力市場の正常化」を求める悲痛の声:日経ビジネス電子版

事業継続危うし、新電力から「電力市場の正常化」を求める悲痛の声:日経ビジネス電子版

2020年12月後半から異常な高騰を続けている日本卸電力取引所(JEPX)。想像をはるかに超える高騰に、新電力の中には資金がショートしそうなところも出てきている。経済産業省は1月15日、「インバランス...

ツイッターのコメント(19)

マジどうやったら価格変動のプラン申し込むのよ
なんでそっちの「声」ばかり拾うのか…(話題性か)
税金入れないと成り立たないビジネスだってんなら、新電力の存在意義ってなんやねん。

日経ビジネスオンライン: JEPXの異常な高騰は国の対策なくして止まらない.
役に立つかどうか知らんけど、システムが安定的に機能するには、以下の三要件が必要とのこと。

・レジリエンス
・自己組織化
・ヒエラルキー

情報共有不足で、自己組織化が機能しなかったのではないか。
キャップのはまってない青天井市場でしか購入しない事業モデルがそもそも成立してないだけでは?🤔
新電力の怨嗟が電気事業を舐めていて面白い。大規模災害でもないの需給逼迫が起こる。計画停電の話も出てくる。ひとえにエネ庁が作った電力システム改革が失敗しているということ。
JEPX高騰の件
潰れろ! 元々から無理が有ったんだろよ。
電気は市場で売り買いするものではない。安定供給がすべて

小売電気事業者にとって、逆ザヤなんていうレベルではない。家庭向けに30円/kWhで供給している場合、仕入れ値が販売価格の5倍だ。到底、許容できる水準ではない
発電所を持たないところが電気を売るという仕組み自体に無理があったというだけでは
ピンチの時に役立たずのソーラー発電は減らして、常時発電可能で余剰を持てる仕組みを作らないと。
「短期市場は暴走する」という現象が普通に発生しただけのこと。やはり電力自由化そのものが間違いだったから、すべて国が強制買収して日本発送電に戻すしか無いな
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!
もともとビジネスとして成り立って無いんじゃないか?
本当に大変な事態!
発電リスクがないんだから文句いうなら自分達でも電気を作らないと思うけどね
上限200円だと何の支援にもなってない、というのはその通りなんでしょう。
この言い草はダメ。

卸電力価格が高騰する前までは増益していたはず。

それまでは文句も何も言わず、事が起こってから政治に駆け込むなどと言うのは、自由化市場プレーヤーとして分不相応でしかない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR