TOP > 政治・経済 > 「今は何の会社なの?」 あなたの知る日立・東芝はもういない:日経ビジネス電子版

「今は何の会社なの?」 あなたの知る日立・東芝はもういない:日経ビジネス電子版

「総合電機の雄」として長きにわたりライバル関係にあった日立製作所と東芝。この20年で会社の姿を劇的に変え、総合電機の看板を下ろそうとしている。一般消費者から遠い存在になりつつある両社は、何を目指してい...

ツイッターのコメント(16)

今目指すのは、日立は「社会イノベーション事業でのグローバルリーダー」(東原社長)、東芝は「インフラサービスカンパニー」(車谷社長)だ。
様変わりしています。でも企業とはそういうものですよね。/ あなたの知る日立・東芝はもういない:日経ビジネス電子版
「22年3月期に調整後営業利益率10%以上」
という目標を掲げる
日立が「白物家電事業を手放してもおかしくない」
との観測がくすぶる

からまん棒😄
ゴミパック😆
ククレット😍

奈保子ちゃ~~~ん‼️😭
なんで日本の家電は死んだでしょうね?

「今は何の会社なの?」
「世界ふしぎ発見!」と「サザエさん」やろ
で、結局今は何の会社なんだよ…
日立、東芝だけでなく、NEC、富士通とかもかな。三洋に至っては、無い。。
そう、日立はテレビ事業撤退して日立でSONYのテレビ販売してるのよ
だからうちはSONYの故障窓口は日立に電話すると言うわら
昔はプリウスってパソコンも日立からあって結構売ったなぁ
もう東芝(本体)は完全にBtoBだね。C向けはほぼやってない。
東芝は、かつて餅つき機や蚊取り機まで扱ってたんだけどね、、、  ⇒
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
日本企業の技術力が衰退したわけではありませんよ
美辞麗句。
特に思い入れもないですが切ないですね。
>多くの人が思い描く「かつての日立、かつての東芝」はもういない。「総合電機」の看板を下ろし、別々の道を進み始めている。
日本の技術力は、日本政府のせいでなくなってしまった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR