TOP > 政治・経済 > 結局、社会主義が感染症に強かったのか:日経ビジネス電子版

結局、社会主義が感染症に強かったのか:日経ビジネス電子版

新型コロナウイルス感染拡大の状況やその対策は、地域ごとに大きく異なる。日経ビジネスの4人の特派員が、お互いに他地域への疑問や質問を投げかけてみた。「中国の新型コロナウイルス封じ込めのための行動指針とは...

ツイッターのコメント(5)

これをあとで読む
“市民の合意を基礎とする民主主義の政治体制を持つ国や地域では、ニュージーランドや台湾が封じ込めに成功したと評価されている。
(…)
まだ結論づけるのは早いが、今回のコロナ禍においては政治体制やイデオロギーの違いよりも、各国・地域の統治の仕組みが機能したかが”
媚中日経ビジネスがまた中国代弁記事

・現在、中国政府は新型コロナウイルスの発生地は科学的調査によるべきだとして、中国が発生国であるという説を認めていない
・中国人にとって日本は依然として「行きたい国」上位

※中国はコロナ発生源はイタリアだと主張を始めている
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!

結局、社会主義が感染症に強かったのか
続きというか補足。

<結局、社会主義が感染症に強かったのか:日経ビジネス電子版
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR