TOP > 政治・経済 > 4カ月ぶり上海で感染者、危機対応で見えた中国コロナ対策のすごみ:日経ビジネス電子版

4カ月ぶり上海で感染者、危機対応で見えた中国コロナ対策のすごみ:日経ビジネス電子版

新型コロナウイルスを封じ込めた中国は目下、世界経済で一人勝ちを謳歌している。背後にあるのは経済への影響を極小化する、緻密な感染制御システムだ。コロナ禍を経て中国が深めた自信は、今後の世界経済の行方にど...

ツイッターのコメント(5)

遅くとも2019年には感染者を確認し、敢えて世界に武漢肺炎ウイルスを拡散させた!!という陰謀論も完全に嘘ではないと思う・・・ 敢えてそうしたとは思わないけど('Д')
国民を管理して感染者がいないことになる国ですからね。
これを羨ましいとはどこの国も思わないでしょうね。
昨日、上海在住の人に聞いたら
中国はすでに景気回復のきざしありと!
日本みたいにチビチビした対策しかとれない国と違い、大胆な策を打ち
感染者数を抑えこめたから
11月9日、中国経済の中心地の上海で4カ月ぶりに感染が確認された。すぐさま感染者が住む村は封鎖され、住民が村の外に出られなくなった。26人の濃厚接触者はPCR検査を受け全員の陰性が確認された。村民や会社関係者など約9000人にPCR検査が実施され、全員の陰性が確認された。
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!

4カ月ぶり上海で感染者、危機対応で見えた中国コロナ対策のすごみ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR