TOP > 政治・経済 > 台湾IT担当大臣のオードリー・タン氏「デジタルは自由のために」:日経ビジネス電子版

台湾IT担当大臣のオードリー・タン氏「デジタルは自由のために」:日経ビジネス電子版

日本に隣接する台湾はデジタル技術を効果的に活用し、新型コロナの感染拡大を抑え込んでいる。台湾のデジタル化を進めてきたのが、IT担当大臣のオードリー・タン氏である。タン氏は中学を中退し15歳で起業。米ア...

ツイッターのコメント(20)

″ 3つの観点において、デジタルの力が貢献したと考えています。全てアルファベットの頭文字「F」から成る「Fast(速さ)」「Fair(公平さ)」「Fun(楽しさ)」です。″

デジタル庁構想という醜悪なものについて考えるためにググっていて見つけた記事です。先月か。有料。
🗾の欠損を見ずには☆「台湾には十分な量のインスタント麺があります。でも、健康のために野菜も一緒に食べましょう」というキャッチフレーズを入れたコミカルなイラストをSNSに流しました
日本のデジタル大臣との違いよ・・
なぜ日本の大臣は実務を知らない無能ばかりなのか。
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
台湾のIT担当大臣。


日本のIT担当大臣は自民党の公式アプリ「あべぴょん」の製作総指揮を担当し、iPadを使えるという経歴。絶望。
日本のデジタルは国民統制と徴税のために
私は最後まで記事読んでないんですけど、マイミクさんおススメ記事。日経ビジネス コーナーのタイトルがデジタル後進国ニッポン…
「すべてのものにはひびがある。そして、そこから光は入る」
「Fun(楽しさ)」によってデマを駆逐させるって方法すげーな。
流石過ぎるわ。
日経ビジネスオンライン🚀
デジタル技術は監視ではなく民主主義を良くするためと言い切るオードリー・タンさんよいね
日本は、頓珍漢な「あいてぃ〜化」になる前に、台湾IT担当大臣のオードリー・タン氏に顧問になってもらいなよ。
考え方の美しいひと
>
おいおい、あらゆる面でぐうの音も出ないよ。
一般人にもわかりやすく賢い
コロナ禍で日本の「IT後進国」ぶりが明らかになった。一方、台湾はIT活用で感染拡大を抑制。台湾のIT担当大臣タン氏が成功要因を語った。
3つの観点でITが貢献した。「Fast(速さ)」「Fair(公平さ)」「Fun(楽しさ)」。
“根拠のない噂やデマがSNSなどを通じて広がった時は、ユーモアの力でデマを封じ込めるアイデアを実践しています”👏👏
・「Fast(速さ)」「Fair(公平さ)」「Fun(楽しさ)」
・デジタルによって「3つのF」を実現したことで、台湾は新型コロナの感染拡大およびそれに伴う社会不安をうまくコントロール
根拠のない噂やデマがSNSなどを通じて広がった時は、ユーモアの力でデマを封じ込めるアイデアを実践🧐日本のマスコミによる不安を煽る手段とは対照的な台湾の作戦。やるな台湾の達郎♪
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR