住宅業界襲う「ウッドショック」 3カ月で木材価格1.5倍に:日経ビジネス電子版

世界で木材需給がひっ迫する「ウッドショック」が発生して、その影響が日本にも及んでいる。日本は世界有数の木材輸入国で、木材自給率は上昇傾向にあるものの依然4割を切っている。輸入材は入手できず、国産材の供...

ツイッターのコメント(16)

世界の建築業界に激震が走ったウッドショック。
世界的にウッドの価格が高騰。木造建築の工事がストップ、住宅価格が約1.5倍に高騰など、非常に厳しい状況なりつつあります。

木材高騰は、建築業界に大きなインパクトを与え、製造業への大きな影響を与える可能性があります
新築戸建では梁の材料が不足し新築工事を中断している工務店が多くなってきました。
ウッドショック長引きそうで心配です。
本当にヤバいらしい。ウチの大工さんが死活問題って。
ということはウチの会社も死活問題。
これは凄い事態になってきましたね・・・
楽器業界も影響受けそう。楽器業界は木材を仕入れても乾燥期間あるから今年仕入れた材が使われるのは先になるだろうけど、その影響を価格に反映させるのはいつなのか。
今回の原因とは関係ないですが、いずれCO2対策費用が上乗せされるようになると、木材価格は高いのが常態化するかもしれませんね。。
「 3カ月で木材価格1.5倍に」
日経ビジネス
価格が上がれば国内も芽が出てくるだろうが、人の問題も大きいし、先行き不透明。農業も工業も激しい転換期だと思う。乗り遅れると稼ぐものがなくなって輸入価格は上がってジリ貧。
ウッドショックがテレビにニュースやネット記事で見られるようになってきて業界だけでなく一般にも広がっています。
建て替えなんて無理無理~
不動産業界にも襲ってくる。/
えー。第三次ウッドショックは長期化やて😓
■ウッドショック関連ニュース
 
「今回のウッドショックは原因が複雑だ。事態は長期化するとみており、年内は価格が落ち着かないだろう」(丸紅木材・清水文孝社長)
 

 
#ウッドショック
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!
自分に直接影響のない話だけど、気になる値動き。
日経ビジネス
2021.5.17
以上
 
PR
PR