TOP > 政治・経済 > グルメサイトありきのGoToイート「時代に逆行している」:日経ビジネス電子版

グルメサイトありきのGoToイート「時代に逆行している」:日経ビジネス電子版

コロナ禍に苦しむ外食店支援を狙ったGo Toイート。グルメサイトに有利な設計や、ポイント付与制度を使った「錬金術」など課題を露呈した。外食企業ワンダーテーブル(東京・新宿)の秋元巳智雄社長は、イート開...

ツイッターのコメント(9)

イギリスのEat out to help outは、飲食店がオンラインで直接政府に申請というシンプルな制度設計。デジタル化でこのあたりが単純化されると良いなとは思う。
“(農水省のヒアリングで)私はインターネット予約中心の制度設計に疑問を呈しました…都心以外の立地や個人事業主が経営する外食店は、ネット予約に対応する事務的・設備的能力がないからです…我々中堅の外食企業はここ数年「グルメサイト離れ」を進めていたところでした”
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
大変だ。

グルメサイトありきのGoToイート「時代に逆行している」:日経ビジネス電子版
いろいろ疑問だらけのGO TOなんたらです。
中抜き業者に登録せずに、どんな飲食店も20%引いて、年末調整で還付すりゃいいのに。運転資金も無利子があるだろ。ズルして価格上乗せをしたら人も行かないし、罰金を膨大にすれば、悪徳業者は倒産してくれるよ。
“イート開始前に農林水産省のヒアリングで問題点を指摘したが、既に制度の大枠は変えられない段階にあったという”
制度設計以前に、そもそも急場の対応さえリストサイトに頼らないといけない、めちゃくちゃ手動でレガシーな業界だってことなんだろな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR