ポルシェ開発トップ「CO2排出、問題はエンジンではなく燃料だ」:日経ビジネス電子版

ツイッターのコメント(10)

..ポルシェでもEVが作れることを証明し、真にサラブレッドなEV車を生み出す..

独自の電池セル工場を建設すると発表しました。どのような狙いがあるのでしょうか。

スポーツカーには特殊な電池が必要
欧州委員会は電気だと前のめりの感ありですが、メーカー(欧州自動車工業会)は慎重姿勢なんですよね。この辺りの「方針は定まっていない」感は日本のメディアも正確に伝えてもらえると良いと思います。今欧州で電気自動車売れているというソースにはPHVが含まれた数が出てます
“電池の重量に関する問題は、常にセルから始まります。体積エネルギー密度だけでなく、質量エネルギー密度にも注目する必要があります。”
(ミヒャエル・シュタイナー ポルシェ A.G. 研究開発担当取締役)
ガソリン車の値段は環境対応で上がり続ける一方でEVは規模とセル価格低下で下がり続ける。その結果メーカーのガソリン対EVの利益率も逆転する。

ポルシェ開発トップ「CO2排出、問題はエンジンではなく燃料だ」:日経ビジネス電子版
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
ポルシェはEV化と同時に100%再生可能エネルギーにて製造する水素+バイオのeフューエルをパタゴニアで製造するという。

93年頃のF1でアジップ、トタルが200オクタンの特殊燃料使っていたがあのノウハウを活かすのか。

日系企業には残念ながら手も足も出ない(*´Д`)
タイトルだけ見て「EVじゃ無く将来は水素やe-fuelが主力になるガー」と思わせて、「ポルシェは今後も(親会社VWとは異なる)プレミアム路線のバッテリーやEVを作っていくよ」「e-fuelはあくまでも911向けに作ってくよ」というEV化と高級化を両立で推進する至極真っ当なお話。
以上
 
PR
PR