TOP > 政治・経済 > みずほFGも導入する週休3~4日制、安易に飛びつくのは厳禁:日経ビジネス電子版

みずほFGも導入する週休3~4日制、安易に飛びつくのは厳禁:日経ビジネス電子版

みずほフィナンシャルグループが新たに導入することを明らかにした週休3~4日制。多様化する働き方に対応したものだが、人員削減をせずに雇用を維持する「ワークシェアリング」を狙ったものともいえる。コロナ禍を...

ツイッターのコメント(11)

こんにちは。
金融志望の就活生には驚きニュースではないでしょうか。
昨今の社会情勢下、メガバンクなら当然という考えもあれば、ついにメガバンクまでという考えも☝️
少なくとも、ワークシェアでは無い気がするのは気のせいでしょうか、、、?
銀行側の希望は「出社に及ばず」という事なので、恐らく部門ごとにノルマを課してでも半数以上、約2/3は出社させないようにするのだろう。

昔は大部屋に出向者を集めていたが今やその余裕すらないという事。
そりゃそうですよね。 〜「基本給は週休3日の場合は80%程度、週休4日の場合は60%程度となる。」
昨日もちょっと書きましたが、やっぱり似たようなこと皆さん考えますよね。

ただ、どのみち日本型正社員制度の余命は長くないのは間違いないので、個人的にはしがみつきに走らずに収入の複線化に舵をきることをおすすめしたい。
そもそも大手金融機関は大幅な人員削減を行うことを宣言していますからねぇ。
「みずほFGも導入する週休3~4日制、安易に飛びつくのは厳禁」
日経ビジネス
この記事見て最初に思い出したのは、ポールスミスさんが言っていたこと。
「成功するために何から始めれば良いか?」とう質問に「代償を払っても時間を作ること。服屋の店員をやっていた時、働く日数を減らすよう頼んで、空いた時間でスクールに通い自分のビジネスを始めた」
銀行が提示するこういう制度はだいたい罠。男性育休、有給制度、リカレント等々
みずほはみずほ。各社それぞれ。各社の方針それぞれ。
既存の仕組みの前に撃沈。『副業がパート・アルバイトではなく、個人事業主やフリーランスの場合は注意しなければならない。厚生年金保険料の対象は本業の給料のみなので、将来受け取れる年金額が減るからだ』 /
サビ残やみなし勤務が横行しとる現場でこんなん通るわけないやろ。
改めて見るとめちゃ有利やな。普通は週休3日なら基本給40%、4日なら20%やんか。「基本給は週休3日の場合は80%程度、週休4日の場合は60%程度となる」

みずほFGも導入する週休3~4日制、安易に飛びつくのは厳禁:日経ビジネス電子版
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR