TOP > 政治・経済 > いきなり!ステーキ、起死回生の一手は「ペッパーランチ」回帰?:日経ビジネス電子版

いきなり!ステーキ、起死回生の一手は「ペッパーランチ」回帰?:日経ビジネス電子版

「去年やったことはことごとく失敗した」。「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長は決算説明会でこう話した。...

ツイッターのコメント(10)

3月からは銀座と錦糸町の2店舗で、通常の店舗では1グラムあたり6.9円で提供しているリブロースステーキを、1カ月の期間限定で1グラムあたり5円で提供する。
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第3位!
安くすれば、集客回復する。
肉以外売れば、お客様は来る。
ターゲット層変えれば、お客様は増える。

今一度、本当の意味で原点に戻れば良いだけなのに。
まだ、迷走は続きそうですね。
さて、立ち直りできるのか?!
"約6年で約500店舗を構えるまでに成長した。その一方で急拡大があだとなって、近隣の店同士が客を奪い合うカニバリゼーション(自社競合)を引き起こした。人材育成が追い付かなくなったことも重なり〜"

493店舗-74店舗…

消費増税やコロナも重なって大変ですな🙄
なんだかもう

いきなり!ステーキ、起死回生の一手は「ペッパーランチ」回帰?:日経ビジネス電子版
デマばっか飛ばしてる日経もたまにはええこというやん!
ペッパーランチへの回帰はようやく分かっていただけたようで何より。潰しまくった理由からか月次は悪くないんよね。
Q毎に下方修正して最後には跡形もなくなりそう。
下方修正必至やな。「同社は20年12月期の営業利益の見通しとして、いきなり!ステーキで16億5300万円を見込む。それに対し、ペッパーランチでは17億700万円を稼ぎ出す計画を立てている」
いきなり!ステーキ、起死回生の一手は「ペッパーランチ」回帰?:日経ビジネス電子版
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR