壮絶いじめ告白の中川翔子 「嫌な同窓会なら行かなくていい」:日経ビジネス電子版

自身が受けたいじめ体験を赤裸々に綴った書籍を発売した中川翔子氏が語る「壮絶ないじめ」の実態と乗り越え方とは。

ツイッターのコメント(34)

いやこれ原因わかっちまったわwww
記事メモ。。
しょこたんから、重要なメッセージです。
壮絶いじめ告白の中川翔子 「嫌な同窓会なら行かなくていい」

行ったのは小学卒業直後の1回だけ。高校は1回誘われたけど、正にいじめに遭った暗黒時代だから断って着信拒否。中学は誘われた事もない。
同窓会に行くって、憧れでもあったから、どちらにしろツライ。
今とは違いおとなしかったので
いじめられっ子だった為、
未だに同窓会には行けません・・・
俺は面倒だから親に言ったな。親がその場ですぐ相手たちの家に電話かけまくって罵倒しまくり、いじめられなくなったかわりに毎日無視されたな。
こんな当たり前のことを声高に言われても、「だから何だ?」としかいえない。/壮絶いじめ告白の中川翔子 「嫌な同窓会なら行かなくていい」
同窓会 めんどくさいし、会いたい人間もおらんから行かないなぁw
「人の寿命は限られているじゃないですか。そう考えれば、無駄なストレスをため込むのって本当に時間がもったいない。人生がもったいないです。」
その通り。私は一度も同窓会に出ていない。
攻撃性があると感じる人からは逃げる。楽しめるコミュニティが無数に存在しうる現代においては、人間関係で我慢することは何の意味もない。
 
PR