TOP > 政治・経済 > 新型コロナ第3波、再度の緊急事態宣言は「あり得ます」:日経ビジネス電子版

新型コロナ第3波、再度の緊急事態宣言は「あり得ます」:日経ビジネス電子版

そうすると、誰が濃厚接触者なのかが分からなくなる。これは真のピンチです。「PCR抑制派」などと、不本意なラベルを張られている私からしても、です。なぜか、お分かりですか?

ツイッターのコメント(24)

このインタビューに答えたときはもう少しはやく緊急事態宣言やるかなと踏んでいたんですけどね…👶
読んでおいたほうがいい記事です。

新型コロナ第3波、再度の緊急事態宣言は「あり得ます」:日経ビジネス電子版
感覚は理解に先行する。どうやらどの状況に追い込まれると不味いのか、について感覚的に想像が付かない人間が多かったらしい。もう一度痛い目を見るしかない。
メモメモ_φ(・_・
日経ビジネス
峰宗太郎氏インタビュー記事
「国民がみんな「政府はちゃんとやる気だし、やっている」と思うように姿勢を切り替えることが必要ではないでしょうか。そうしないと、印象が悪くなり続けているうちに、取り返しの付かない大きな傷になってしまう可能性がある」
「PCR検査の陽性率は上がる可能性があるでしょうね。これは流行が拡大しているからです。」
って言われても、その流行はPCRで作られているので、データを基に予想していることにならないのでは?こんな記事ばかり読んでいるから…(以下略)。
例の「GoToで発症率2倍」研究の「限界」はこうした状況に根差したものだったという😱
"保健所が疲弊して、クラスターの感染源を見つけるという方法が取れなくなっている"(尾身茂氏)
新型コロナとワクチンを巡る「知らないと不都合な真実」その2
山中 浩之 日経ビジネス シニア・エディター
これはよいインタビュー記事。
検査・濃厚接触者追跡のキャパシティが重要。4月の緊急事態宣言も、そうだったね。
これが一番分かりやすい。
「検査はツール」「感染拡大すると本来容易な事が出来なくなる」「検査しても結果が出ずロックダウンしか方法が無くなる」
どうか理解して欲しい。
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!
新型コロナとワクチンを巡る「知らないと不都合な真実」その2 (山中浩之) 【日経ビジネス】
営業保障も満足な額出ないのに時短する店あんの?
再び、緊急事態宣言が発令されてもおかしくない状況の中、菅政権は、GoToキャンペーンを一時中止にしない。国民の健康より経済の方が優先になってるように感じる。
どうでもいいけど自粛はしない
これはGoToがどう、という問題じゃないと思います。

接触抑制、外出規制という自粛要請の緊急事態宣言になるかどうかというところまで来ちゃっている
これは見出しに囚われず最後まで読んでほしい
👶今日発売の📘をポチっと。
GoToやっとる場合やないやろ‼️
峰宗太郎先生の新書『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』連動記事第2回出ました→
参考になります。さすが日経。
クラスター追跡ができなくなれば、PCR検査も、隔離も、治療入院も、すぐにキャパの問題に直面する。日経ビジネスから。  感染者数が増えれば増えるほど追跡が難しくなり、追跡が難しくなると検査数も増え、それで検査が追いつかなくなる。
ワクチン接種意向を左右するんだから政府はやってる感をちゃんと出せというのはそうだよなーと思いました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR