TOP > 政治・経済 > アマゾン「やらせレビュー」の首謀者を直撃、楽天も餌食に:日経ビジネス電子版

アマゾン「やらせレビュー」の首謀者を直撃、楽天も餌食に:日経ビジネス電子版

321コメント 登録日時:2020-01-20 07:09 | 日経ビジネス電子版キャッシュ

大手通販サイト、アマゾンで横行する「やらせレビュー」の元凶を追って中国・深圳にたどり着いた。現地で首謀者との接触に成功。ついに全手口が明らかになる。...

ツイッターのコメント(321)

素直に凄い。倫理観の違い。買わないわ。>
@Isseki3 こういう事ですよね多分
Brainはアフィリ機能とレビュー機能があるけど、アフィリとしてはなかなかキツイ

あの情報商材は詐欺!とネットで叩かれている商材を扱うと自分のブログの評価も落としかねない

あとレビューが見れるのも、「そんなの誰が信用するの?」という感じです
めも やらせレビュー
盗人にも三分の理。「たまたま不良品を受け取った購入者がつけた低評価のレビューを目立たないようにするためにも、高評価のやらせレビューを並べる必要があります」
なかなか巧妙。
ただ、作り手としては、書き込みを見て評価のポイントはそこじゃないとか思うこともいっぱいあるので、この手のレビューに歯がゆい思いが多いのも確か。
「やらせレビュー」って、シティヘブンあたりにもあるのかな⁉️
いいこと(推したいこと)をきちんと口が滑ることなく書くならいいけど💦
とは言うもののレビューが信用できないってコトにもなるけどですね、なかなかムズカシイ😟
やらせはよくあるでしょうね 楽天でも、これはもしや?と思えるのを見かけます 私が参考にしたいレビューは、ここが不便だった、使いにくかったというマイナスポイントなので、やらせには無縁かなと思っていましたが、場合によっては、わざと低評価もつけるんですね
中国人は恥と言う字を勉強した方が良い。
正直これは本当だ。レビューを良く書くことは横行している。PRですって書かなくても良いように、めっちゃくちゃグレーな方法で逃げるケースが多い。購入レビュー信じて購入する人も、今後どんどん少なくなっていく。
生々しいな。これがコマースサイトのサクラちゃんの実情か。まぁ罪の意識はないだろうな。これが仕事だし。そんなこと言ってたら仕事できない。
読んでる。:日経ビジネス
うまく書かれたやらせレビューは、一般購入者のいい加減なレビューより信用できるかも知れません。
なるほどなるほど。
「ところで大勢の消費者をだましていることについてどう考えていますか?

罪悪感ですか? ありません。」
トップレビュアーはこういったレビューに汚染されてる可能性あるのか。いやー怖いねえ |
たまにレビューの評価とかけ離れた商品に巡り合う理由は、これかなぁ?😓
ネットサクラは見破るのがとても難しい。
こちらの求人情報で見る「日本語、ECサイトのお仕事」はまさか、この類とか?
まあ、やらせレビューといえばそうだが、正直、日本語がしっかりしていても胡散臭いコメントは分かる。
大体、そういうコメントは短文で感情表現を全面に出してくるからね。客観的な情報が少ないことは見分ける方法の一つと思っている。
すごい> 「あえて一つ星や三つ星のやらせレビューを依頼することがあります」
サイトのレビューよりSNSやブログの方が信憑性高いかも。アフィリエイトしてる人もいるから、一概に言えないけど /
情報の受け手はフィギュアスケートの採点のように極端な絶賛や批判を排除して判断材料にした方がよさそう <
@kuromaru_
要は、周知されるために、最初は嘘をついたところで、品質は本当に良いから最終的に嘘じゃない、というロジックだそうです(;・∀・)
奴らには敵う気がしない・・・
こんなのが横行してるとは

何度かして欲しいですし、

見極めもしっかりしたい

ところです
写真アップで給与増
動画レビューで給与増
自然な日本語と無理のない内容を監督
不自然にならないよう☆3なども付けさせる

いやー、お見事と言わざるを得ない。
もう中韓製品はAmazon、楽天じゃ買うなって事やな。
ひどいなぁーーー!!「罪悪感ありません」って言う奴本当に最低だ😡💢
レバー欄を活用した広告宣伝だと思えば良いだけの事でしょう。
新聞や雑誌にも嘘の広告や記事が普通にあるでしょう?
やらせレビューそのものは気持ち悪いけれど、
感情的な低評価コメントに対するカウンターとしては有効なようだ。
個人的には「正確な商品情報さえあればコメントとか評価とか無くていい」と思っている。
かなり赤裸々に書かれてるけど、隠すまでもないほど横行してる、ってことなんだろうな……
よくできたシステムだと思った。

レビュアーが商品紹介のサイトかYouTubeチャンネルを作って、本当に思ったことをそっちに書けば、原価も手間もそれほどかからなかいから、良いバイトになりそう。
中々手の込んだことを…これはなかり、データ分析のしがいがあるな
この世界すでに何周か回ってて、お金を払って☆1とかの評価つけてもらってるのか 笑
いや読めば分かるだろ。あの程度のやらせレビューの判別が何故付かん・・・。いや世の中そんなもんか・・・。
Amazonチョイスのマークがついてた商品を買ったら、

届いた商品が傷物で使えず、
レビューに事実を書き込んだところ、

出品者からレビュー削除依頼のメールが届くようになった。
Amazonに問い合わせて、対応するとのことでしたが、
その後も3通ほどメールが来た。

くぅ〜
この記事の真贋の判断はつきかねるが、ある意味前向きやなあと思った。日本の場合誹謗中傷を組織的に書込む。翻って、こちらは自社商品の品質に自信を持っているからセールストーク、としてる。日本もインフルエンサーが堂々と商売してる訳で、それは受入れてるんやし。
善意なレビューなんてもう存在しないから正しい。
なんでも商売にする中国人の姿勢を見習うべき
なるほど、これだけ組織的・体系的にやってりゃレビュー役に立たなくなるわけだわ…
こうなると「日本でレビュー済み」も信用できんなw
"アマゾンにやらせを検知されないように坂田地区の住人も日々腕を磨いています。例えばやらせレビューを掲載するタイミングです。"→
坂田地区っていうのがあるのか。
自分の土地みたいな感じがして良いなぁ。
しかも「坂田地区全体が日本のアマゾンに嘘をまき散らす“汚染源”」とは…俺にお似合いだなぁw
これは面白い。
やらせレビューを気持ちを込めて書くとか動画投稿するとかやらせレビュアーもお仕事だなって。
ここだけ見ると、もはやデジタル時代に避けられない戦い方に見えてしまう。

>品質を厳しく管理していても、一定の確率で不良品が紛れ込みます。たまたま不良品を受け取った購入者がつけた低評価のレビューを目立たないようにするためにも、高評価のやらせレビューを並べる
>アマゾンで培ったノウハウを生かして、楽天市場にやらせレビューを書いてもらっています。

さっさと特定してこのクソショップ退店させようぜ
「気持ちを込めて嘘を書く」いい話だ
《やっぱり楽天市場にもやらせレビューを書かせているんですか?→もちろんです》
この方の場合、劣化品を売っているつもりはないんだからこんな感じなんだろうな。→
ビジネスになってたとは…。
バイトでやってる人とかいそうだよね😱
これも宣伝といえば宣伝なんでしょうけど、最後の「罪悪感ですか? ありません。」で笑いました😁
開き直りすぎだろw
罪悪感ですか? ありません。
ECサイト側はなかなかやらせに気付けないだろうから罰則を強化していくしかないでしょうね・・ / アマゾン「やらせレビュー」の首謀者を直撃、楽天も餌食に:日経ビジネス電子版:
この記事何度読んでも凄い。
もはやクチコミサイトのレビューが全て信用できなくなるレベル。
記者の人は、どうやってここまで赤裸々に語ってもらうよう合意取ったんだろう。
気になる。:
(善悪は別として)非常に清々しい。そういう仕組みでないとあの量は生み出せないですよな。
長年レビューを読んできたAmazon愛好家としては、どんなに丁寧に書いてもそういうレビューは一目でわかる。
こりゃ判断難しい
ダメなモノはダメという前提はもちろんあるけど、こういうのってどんだけ非難したって結局なくなることはないから、どうやったら騙されないかっていう現実的な方法を模索する方にすぐにシフトしてしまうのよ。
コレは、未だに知らない人多いかもしれませんが、結構深刻ですよ。
ここまで堂々と言えるのが本当になんなんだと。

Ankerは自社製品への良いレビューと、他社への悪いレビューは社内ルールで明確に禁止。

やらせレビューは一切しなくてもAmazonでシェア1位は取れることを主張していきたい。楽に勝ちに行くのは簡単だが、淘汰も一瞬。
レビュー代行の相場が1件560円..!?

それだけUGCが大事ってことね
グローバル化で焼け太りし富の集中を象徴する企業。
彼らは地方のコミュニティを破壊してきた。
それに蔓延る寄生虫も増殖している様だ。
利便性の裏に潜む危険も我々は考え生きねばならなくなった。
「やらせをする罪悪感はない」
ここがもう根本的に違う。自分のサービスを成長させているつもりだろうけど、自ら価値を下げてしまっていると思わないのかな。

>
レビュー機能を無くしたらどうなるのだろう。

Netflixはレビュー機能を無くしたが、視聴は伸びてるのかな?
ダメ商品の目安になってるからやらせレビュー書くのは良いんだけど、もうちょい日本語に気を遣ってもらわないとバレッバレやで。
これ全然ありうる話。広告業界の世界を4年ほど見てきましたが、ネット上のWEBサイトのアフィリエイトサイトでも全然ありえます。ある広告主とかはアマゾンのレビューで自分たちにとって辛辣な意見を通報するケースもあります。
「だまされるやつが悪いアル哈哈哈哈」を地で行ってるような奴w⇒
やらせレビューってやたらフルネーム多い気がする。
ちゃんと商品を買っている訳だから、違反行為とは言えない。これがネット時代の戦略なのかもね。
大陸地域からのやらせレビューを対策するには
×ストア側の対策を待つ
×現地当局の取締に期待する
×国際的なルールを設立
◎爆撃
なかなか考えているなw 笑えるw
Amazonやらせレビューは中国人がやっていた。楽天にも触手を伸ばしている模様。世界を汚染しつつある中国が感染源の悪質レビュー。
道徳的な話は置いておいて、裏側がどうなっているのか参考になる。

まさか商品をそのまま貰える、というビジネスモデルとは思わなかった。それで悪くない品質の中国製品をタダでもらえるわけだ。

日本人を雇ってるのも高度化してるな。
”気持ちを込めて嘘を書く”_
やらせレビュー。これは確かに思い当たるふしがある。私が最近買ったスピーカーだ。音は悪く無いが機器接続の仕様に致命的欠陥がある上にその説明が無いのだから多くの人が失敗するはずだが、それには何も言わず称賛しているだけ。嘘くさい。
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
興味深い。記事見出しには「やらせ」「嘘」など書いてはいるが、インチキ商品を掴ませるような悪徳な姿勢ではなく、"販売促進のための努力"に見える。戦略をしっかり練ってしたたかに働いてる。
ちょっとやそっとの消費者リテラシーでは見抜けないかも。
「気持ちを込めて書くよう指導しています。いいかげんな書き込みだと、チャットで叱責します。」←ウケた。
今話題になっている『やらせレビュー』はAmazonを中心に『楽天市場』や『Yahoo!ショッピング』でも行われている

『🌟🌟🌟🌟🌟』満点の星を信用して購入すると痛い目に遭います

殆どは『Maid in China』です

当選品をAmazonで購入させレビューしたらギフト券を返す等も…
はっきり言って、日本人が商売下手になっているだけの話な気がする…。広告代理店に頼りすぎた悪影響だろう。→
「日本からのレビューを全て見る」が意味をなさなくなってしまった…
レビューに代わる評価参考システムは存在しないのだろうか?
デマを拡散することが商売の国。それは中国。
“罪悪感ですか? ありません。”
Amazonで3桁台のレビューがついた製品は買わない。それだけで回避出来る事が多い。
こんなことしていながら“屈託のない青年”でいられるなんて中国人にモラルを期待するのは無理ですね…
この前テレビでやってたな
出品が海外のは信用しない
特に中国は
楽天も危ないのか
モザイク貫通アンノーンTシャツ
アンノーンTシャツやん
商品を購入した上での写真やレビューと、巧妙なアマゾン対策
何年か前にツイッターのDMで業者からレビューを書いてくれたらその商品をあげると言われたことがある
怪しいと思って断ったけど、まあまあ欲しい感じのものだった
この手の集団からだったのかも
ツイッターでよくある懸賞は後からやらせレビュー書かせようとしてくるね
参考にするレビューは基本的に悪いレビューなんだよな、俺の場合は。
あーこないだ受けた案件こんな感じだったわ(笑)
そう考えるとやすやすと仕事を受けるのも微妙かもね
もはやレビュー機能の存在価値ですよ。。
「気持ちを込めて嘘を書く」笑
めちゃくちゃ面白い記事。
Amazonもたしかにヤバいけど、すでにYouTuberが代替している節があるので、映画のレビューサイトを本当にどうにかしてほしいっすね...
もっと見る (残り約221件)

記事本文: アマゾン「やらせレビュー」の首謀者を直撃、楽天も餌食に:日経ビジネス電子版

いま話題の記事