JR東日本の深澤社長 半世紀の常識にメス、ダイヤ・運賃見直し:日経ビジネス電子版

ツイッターのコメント(12)

駅はこれから仕事の場に…
ステーションブースのチケットもやたら購入してんだよね(メルカリで)

非鉄道部門の売上も50%に…
渋谷も新宿も再開発され
ステーションビルもどんどん発展しそう。
たいして美味くないラーメン屋の大将にしか見えない
JR東日本自身の新線建設は見込まれず、新規旅客需要は限られると思うので、深澤社長がおっしゃる通り、これからはエキナカ含めてSuicaを軸としたクラウド基盤の確立が大切ですね。
サイバネティックスからの脱却は大変でしょうけど。。
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!

半世紀の常識にメス、ダイヤ・運賃見直し
北海道出身の人、函館出身の人は結構本州へ出てしまいますね。
進学で。
函館就職でも転勤で新宿駅、浦和電車区、松戸電車区、果ては新宿本社と11年前まで働いていた警備会社にJROBが居たなぁ。
でも皆さん親の介護で戻るんだなあ。
ドヤ顔決まっとるやないか、かっこええで
鉄道事業のサステナビリティーについて考えさせられる記事である。
半世紀の常識にメスなら綾瀬ー北千住を今すぐ解決せんか
深澤なぜかの腕組み。
なに腕組んでるんだ業態考えて振る舞えよ
深澤くんの新素材だ
以上
 
PR
PR