「マスクはない方がいいでしょうか」小山田圭吾と“最初に交わした挨拶” | 週刊文春 電子版

※連載第1回(「コーネリアス」にも「渋谷系」にも興味がない私が小山田圭吾にインタビューした理由)から読む かつて「トップ屋」と呼ばれたスクープ記者でなくとも、取材をして書くことを生業にしている者であ…

ツイッターのコメント(24)

"マスクはない方がいいでしょうか" という一言が胸を打つ

続報、待ってます🙏

「マスクはない方がいいでしょうか」小山田圭吾と“最初に交わした挨拶”
"一番肝心なのは、編集者は、書き手はもちろん記事執筆のために情報提供をしてくれた協力者、そして取材に応じてくれた当事者を全力で守る責任を負う立場にあるということだ"
「マスクはない方がいいでしょうか」から伝わる小山田さんの相手の要望に精一杯応えようとする人柄。それが悪い方に出ちゃったのがあのROJのインタビューなんだけど、中原さんはそれに対しても編集者側が最後まで責任を負って当事者を守るべきという姿勢を取り続けている。
早く続きが読みたいです
「マスクはない方がいいでしょうか」小山田圭吾と“最初に交わした挨拶”
を追って下さっている、中原一歩さんの記事です。現在無料で読めます。

さんを激しく非難した人達は全員読むべきです。

「もう興味ない」とかいうのは、ただの逃げですよ。
この最低限のことが出来ていない媒体が多いと思うんですけどね、小山田さんの件。返り血を恐れて。
「編集者は、書き手はもちろん記事執筆のために情報提供をしてくれた協力者、そして取材に応じてくれた当事者を全力で守る責任を負う立場にあるということだ。」
#小山田圭吾
マスクなしで髪はもう少し長めが好みです。ぺこり
#小山田圭吾 企画の提案者です

まもなく7時です

私が小山田氏に会うモチベーションは最初から最後まで「小山田君の汚名をそそぎたい」というコーネリアスファンの心理とは全く別物だった

という点にイラッとした方
いると思いますが
ジャーナリストとしては
正しいです
1週間に一度読み返すべき内容でした。なぜ記事が文春から出たのか、賛否あるのは前提に誰/どこがが”返り血を浴びる”のか、色々考えさせられる〜「マスクはない方がいいでしょうか」小山田圭吾と“最初に交わした挨拶”
 
PR
PR