TOP > その他のニュース > 文春オンライン > 「謝ったら死ぬ病...

「謝ったら死ぬ病」という現代の社会病理 | 文春オンライン

57コメント 登録日時:2018-10-11 21:45 | 文春オンラインキャッシュ

最近身近なところで「謝ったら死ぬ病」に罹患している人を見かけます。どこかの出版社の社長さん、筋の悪い方策に拘泥して自縄自縛となりさんざんネットで暴れた挙句、自分で吐いた唾を全量飲み干している姿を見ると…...

Twitterのコメント(57)

民主主義国家では、風邪を引くのは為政者でも、肺炎を起こして死ぬのは国民。為政者が選挙で負けても、屍体を逆さ吊りで晒し者にされたりしない。
公約の撤回は責任が問われるが絶対悪では無い。
無謬性を期待する危険性を理解しない世論は問題でPivotは重要な前提。
安倍政権は良いけど消費税や移民問題を代表としてヤバイ政策も正直多いと感じるのです。。
まあ、トップがそうだったら末端までそうなるよねえ。責任取りたくないから謝らない。間違っていても謝らない。ひょっとして、今の教育ってそういう人達によってされているから拡散されている?とか考えたくなる。 / "「謝ったら死ぬ病」とい…"
謝る内容にもよるだろ。
大笑い!無責任なマスゴミが他業界、政界には間違ったら謝れと言う神経、マスゴミと言われる虚業の連中こそ間違い報道を謝る姿勢を示せよ!
昔からいるけど可視化が進んで身の回りとは言い難い範囲の謝れない人々がどんどん晒されるようになった。
その前は「とりあえず謝っとけ病」でした。
そこで海外でも謝ってみたら、酷い目に遭ったのです。ここから「謝ったら負け」が始まりました。

事実に基づいてはいるが推論と偏見を加味していえば、うちの小さい組織もそんな感じ。多分小回りが利くはずのうちでさえそうであるから、国家というレベルはほんとに反省と方向転換が難しいのだろう。
財務省なんか謝っても横柄だぞ
「声の大きい人」を敢えて無視していわゆる「声無き声」に応えるのが政治の仕事だからなあ。
45歳にもなってこの程度のくだけた文章しか書けないあたりがもうね…
⇔謝らずに破滅するのと、誤って軌道修正して少しでもより良い方向に向かうことをあきらめないのと、どっちがいいのかわかんないのは、誤ったら負けだって思ってる人たちなんだろうなぁ

→政治批判
謝るという行為は、償います、と宣言するようなものです。
なので「お金がものさし」な世界では、たとえ自分や自分の組織に非があっても、軽々しく謝ってはなりません。
あっ、うちの嫁です
ご指摘は理解できますが、全て与党や総理大臣のせいでしょうか?
マスコミが正しい情報を流さず国民の考え方を無責任な体制批判へ導いた責任はどこへ行ったの?
謝ったら死ぬ病はマスコミの方が酷いよね?
パヨクの皆さん聞いてる?
いつから山本一郎はサヨクになったのだ?w
てーか、後半のつけ足し感は何だよ...
一体何ワンゴなんだ
> どこかの出版社の社長さん、筋の悪い方策に拘泥して自縄自縛となりさんざんネットで暴れた挙句、自分で吐いた唾を全量飲み干している姿を見ると涙で液晶画面が見えなくなり
Now Browsing: -
ぼやいてないで、実際に日本をば支配しておる輩に対して強烈に物申さねばならぬぞよ。
「謝ったら死ぬ病」は本当の病気じゃなくて「謝っても殺す病」の症状のひとつなので、根本を治療しないと症状は治まらない。 /
めっちゃタイトル詐欺やねん。
というより、謝ったら死ぬ病にかかってるの書いてる人もでは?
タイトルと中身は相変わらずあってない。とはいえ裸の王様はそろそろ辞めたら?って話。政治の不満と問題点を上手に要約してるw
確かにぶつかっても足踏んでも謝らないの多い。外国人は裁判があるから謝らないなんて教育されてきた世代だが、アレはウソだな。外国人の方がきちんと謝る。
開幕カワンゴ煽りからの政権批判でタイトル詐欺では。良い事言ってる。 /
あぁついったらんどにも拗らせた人が結構いるわ
隊長キレッキレだな。
本日のNo1ゴミ記事
最近の謝ったら死ぬと思ってそうな人二人

大西健介議員
ウーマン村本氏
政治家の人、トップの人たち読んでー〜〜
まさに「やっちまったな」というような誹謗中傷だけのクソ記事 「謝ったら死ぬ病」にかかっている山本一郎
行政の長、会社の長、教育の長、トップがこうなんだからまともな人材が集まるわけないし、育つわけもないわなあ…
そろそろ身近な人が、安倍ちゃんに「大将、そろそろ服着ませんか?」とやんわり言ってあげられないものかと思ったりもするんですけどね。風邪ひきますよ。
ウソ記事ばかり並べて全然謝罪すらしないあんたら「バカゴミ」「評論家」連中が「謝ったら死ぬ」んじゃないのか?

製品や発言になんだかの落ち度があったらキチンと謝罪するのが筋だよな!
私の読解力不足だろうけども何を言いたいのかわからない。
もしくは話題すり替えで、謝る内容が間違ってる人とかも多いかも。
本当にそう。
Twitterの中でも自分の意見がおかしいと思ったら直ぐに謝って意見なんか変えていいのに。
どこかの出版社の社長さん、筋の悪い方策に拘泥して自縄自縛となりさんざんネットで暴れた挙句、自分で吐いた唾を全量飲み干している姿を見ると涙で液晶画面が見えなくなります。
「謝ったら死ぬ病」をこじらせている人達は、他人に対しては「謝ったらこ○す病」であることの裏返しだと思うのです。
小さな「間違い」さえも許されずそれを積み重ね続け、やがて大きな破滅へと。
戦前も通った道ですね。
マスゴミとパヨク界隈の『謝ったら死ぬまでとことん追い詰める病』が真因だと思いますけどね。だから警戒して誤らない。財務省の亡くなった方もこの病の犠牲者。
文春めずらしくまともじゃん。
はいはい、道を空けて!みなさん!言いたい放題で決して真摯には謝らない文春が通りますョww>
このやまもといちろうって人が、いろいろ謝り倒した方がいいことが多いと思う 笑笑
修正できない社会のリスクは、往々にして謝れない人々の責任。
カワンゴはただの前フリでした。
最近、引くタイミングが分からない人が増えましたよね。
>
最近身近なところで「謝ったら死ぬ病」に罹患している人を見かけます。ね。死なねーよん💓
相変わらずキレが良い
"どこかの出版社の社長さん、筋の悪い方策に拘泥して自縄自縛となりさんざんネットで暴れた挙句"むしろ謝れなくしてるよ! /
いろいろ腑に落ちる。
なんでみんな、意地になるんだろうね。
「政策議論の不実さ加減」って本当ひどくなって行く一方やな。コレについては与野党マスコミ全方位的に間違いを認めて欲しいものだわ。後、声の大きい人の話を聞きすぎと言うか難聴なんじゃないかって思うわ。小さい声が聞こえない/
読んでいて暗い気持ちになった……どうにかならんかな。/
出涸らし内閣とならないようにダンスはキレイに踊っていただきたいものです。/
読んでったら後半は完全に政権批判の話だった。オバマ広島訪問以降コレと言った手柄や支持できる政策がないよね。
総理大臣閣下に対し奉り....(極)右へぇ、ならえ!

首相>閣僚>自民党議員>公明党議員>維新議員>地方議員>高級官僚>地方公務員>産業界経営陣... 一斉に「そーりにぃ 倣えっ!」

< >
これはホントそういう人いるよね。
でも「謝る」事は「非を認める事」と直結させる風潮があるからね。ワビサビは失われたよね。
ヤバいのは今の野党の質。だから与党に勝てない。
以上

記事本文: 「謝ったら死ぬ病」という現代の社会病理 | 文春オンライン

関連記事