TOP > その他のニュース > 日ハムファンも応援したくなる西武・秋山翔吾は本物の“ラジオ好き”だった | 文春オンライン

日ハムファンも応援したくなる西武・秋山翔吾は本物の“ラジオ好き”だった | 文春オンライン

15コメント 登録日時:2018-10-20 11:06 | 文春オンラインキャッシュ

ライオンズは僕にとって、「大家さんちの息子」のようなものである。かけ出しの構成作家として四谷の文化放送で産湯をつかい、かれこれ30年、何らかのレギュラー番組を持たせてもらっている。途中からフリーになり…...

ツイッターのコメント(15)

私も昔からラジオ好き。始まりは文化放送の「てるてる」、雑誌「ラジパラ」ではバイトもしていた。
もちろん今も野球中継はテレビは画だけ、実況は「文化放送ライオンズナイター」で楽しんでいる。
(LFよりQR派&NHK)

秋山翔吾は本物の“ラジオ好き”だった
芸人さんのラジオはオードリーとかいろいろ聴いてるって言ってたけど、文化放送をこんなに聴いてるとは知らなかったなぁ…秋山ホント好きだ…
ラジオ福島さん。真由美さんは一流プロ野球選手から慕われています。
ライオンズ大好きの文化放送が今回のCSファイナルを放送しない(できない)理由ってなんなんだろってのが気になった…。
攻撃面での戦犯は間違いなく悪いが1番が機能しないことではあるがな。もう来年だろ。来年のAクラス狙い。
「某アナウンサーが彼の打席で一瞬秋山幸二と言い間違えたのをアナ本人は気づいていなかった。後日、『秋山幸二って間違えましたね? 光栄です』という秋山翔吾の不敵な笑みで気づいたそうだ」/
唐突に結城アイラの名前が出てきてビックリしたw|
日ハムファンも応援したくなる西武・秋山翔吾は本物の“ラジオ好き”だった(文春オンライン)

秋山は喋りがしっかりしてるからね。
それをいいことに、文化放送がまあ何かにつけて話を聞きに行くというねw
日ハムファンも応援したくなる西武・秋山翔吾は本物の“ラジオ好き”だった(文春オンライン)

球辞苑ファミリーでもあり、文化放送のヘビーリスナーでもある。推せる!
某アナウンサーが彼の打席で一瞬「秋山幸二」と言い間違えたのをアナ本人は気づいていなかった。後日、「秋山幸二って間違えましたね? 光栄です」という秋山翔吾の不敵な笑みで気づいたそうだ。
今の秋山翔吾にまだラジオ解説席は似合わない、
日本シリーズの第1打席が立つべき場所だよ。
信じているよ、実況席のマイクが拾う1134からメラドの
「ガンバレー!」の大声援が聞こえてくることを!
初戦4タコ。勝った2戦は3の1。昨日5タコ…。一番打者がこれだと短期決戦ではキツい。今日から巻き返せるか?
パ・リーグCSファイナルステージ第4戦。えのきどファイターズは、今季2度目の登板!放送作家 近澤浩和です!

(10/20)
以上

記事本文: 日ハムファンも応援したくなる西武・秋山翔吾は本物の“ラジオ好き”だった | 文春オンライン

関連記事