TOP > その他のニュース > 急増する最新の墓「ビル型納骨堂」を選んではいけない | 文春オンライン

急増する最新の墓「ビル型納骨堂」を選んではいけない | 文春オンライン

今年もお盆の季節がやってくる。毎年この季節はふるさとに帰省する客で鉄道や飛行機、高速道路などが混雑する光景が「お決まり」の映像としてメディアを賑わせる。お盆のそもそもの目的は、先祖のお墓にお参りしてそ...

ツイッターのコメント(20)

墓守りがいない。資金がない。様々な理由でビル型墓地を選ぶ人が増えてきた。カードキーを挿すとエレベーターが作動し数分で故人の墓が出て来る。
その間に柱に備え付けられたモニターに故人の名前や没日が映し出される。
墓には既に花が供えてあり線香も炊いてある。つづく
屋外の霊園も、継ぐ人がいなくなったら無縁仏として合祀されるわけだし。屋内霊園も、満員になったら同様に合祀される(契約による)。それほど違いがあるとは思えないなあ…。 / “ | …”
これについては全面的にそう思っていた。やっぱそうなるわね。
運営に破産されるとどうにもならんな。
年間130万人以上死んでいて、出生は約90万人だった2017年。約20万人の外国人在留者で人口を賄っているという事実に今更ながら驚く。10年で1000万人の人口減少、ビル型納骨堂の末路は廃墟、とある。特養も同じ運命を辿るのではないかと危惧してしまった。
恐ろしや、悍ましや。
~ 浅はかな目先のビジネス・・・ その先には、虚しい結末が待っているのか… ~
日本のビルは数十年しかもたない。建て替えが必要となったときにどうするか?は先送りしておこうというのは如何にも現代的。というか、考えたくないというのがコメントをみたらよくわかった。
急増する最新の墓「ビル型納骨堂」を選んではいけない。♪~来てみて見てみて 倍○院ってか?まぁ、色々あるわね
でも何時でも気軽に行けるからいいんだよなぁ。しかも落ち着く。ロビーでお茶したりして。霊園だと半日がかりで足が遠のくし。
くだらない遊興費に使うくらいなら、故郷にお墓を立てた方がいい。そんなに故郷へ帰れない?夢の国にはホイホイ行くくせに。寝言は寝て言え。
深夜のビル内で心霊現象でそうw
自分自身は、納骨必要なくて、海に流してもらえたら良いのだけどw

しかし、ビルの維持管理100年後までできるのかな?
これからは自然葬のかたちも増えるだろうけどね。
個人的には火星あたりに散骨してほしい。笑
最早お墓という文化自体が不要なのかな。故人を思う気持ちがあれば供養としては充分なのか。日本のお墓って大きいしね。リスト教やイスラム教では土葬が一般的だと思うけど土地は足りてるのだろうか。
なるほどそういうリスクが
今、死ぬなら、骨も何も遺さない、この世にいなかったことにしてほしいんだが、どうやれば良いんだろう
経営が成り立たなくなったら、その後がどうなるか分からない事業形態への納骨は不安だ。自分の遺骨を残す気がなく墓石を作るつもりもない人だったら、公共の墓地か、長い歴史があって土地の使い方が変化しそうにない墓地に合葬が、後に世話かけないんじゃないかなぁ。
ビルじゃなくて地下に作れば崩壊後も問題ない?
埋葬の習慣ってさ、正直言ってさ、要らなくね?
冒頭の『人間誰しもが亡くなれば入居するのが墓である。』で、読む気なくなった…┐(´-`)┌
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR