床は凸凹、トイレに扉はなし、室内の配色は原色だらけ…それでも入居率は100%! 伝説の珍奇建築「三鷹天命反転住宅」が建てられた“意外な経緯” | 文春オンライン

ツイッターのコメント(11)

東京にジョイラ繋がりの建物があるとは知らなかったよ🌈

| 文春オンライン
クラウドファンディングで修繕したとか聞いていたが 文春オンラインでついに記事に…
この建物のこと初めて知ったのはライフハッカーの2018年の記事だったかな
割と近所に不思議な物件あった
見学できるの楽しそうだけど見学料高いな!

| 文春オンライン
「くたばれバリアフリー」と表現されていたのをどこかで読んだ。いいキャッチフレーズになりそう。
めちゃここ行ってみたい
これ東八道路沿いにあるんだよな、養老にある天命反転地はなかなか面白かった
床は凸凹、トイレに扉はなし、室内の配色は原色だらけ。「三鷹天命反転住宅」 この建物は芸術家・建築家の荒川修作とマドリン・ギンズが設計したものなのですが、彼らが集合住宅を建設した経緯については、まず「養老天命反転地」のことを説明する必要がありますね。
伝説の珍奇建築「三鷹天命反転住宅」   東八道路走ってると目に付く建物、こういう物だったんだ。しかし…家賃と言い「家の理想は公団団地」というオイラには無縁、というかブルジョワの遊び
伝説の珍奇建築「三鷹天命反転住宅」が建てられた“意外な経緯:
以上
 
PR
PR