「怨念に似た執念の持ち主」と中村倫也(35)に言われ、吉岡里帆(29)の反応は…”どんぎつね女優”の隠れた素顔 | 文春オンライン

ツイッターのコメント(33)

この記事の表現がめちゃくちゃ的確というか好きです。そもそも京都出身で好きなバンドくるりな人が腹に一物抱えてないわけがない(偏見)
こっちの批評が好きなだけ
この映画に関わった全ての人々へのリスペクトはいつまでも忘れないと思う
笑った。うなづいた。何より、面白かった。
見終わって、記事をザッピング。my感想と近い文春の記事。

柄本佑みたいな「届くプロモ」してたらどうなってたか。
いい作品なだけでは興行伸びないかもしれないが、見る方もバカじゃない。
映画「ハケンアニメ」は本当に素晴らしいのでこれを読んで観に行ってください。
ほら吉岡里帆、やばいんだから!
ラジオの感じからも、聴き力すごくて身に染ませるタイプだと思う。
さん、ありがとう!!
! は、その作品こそ、怨念に似たエネルギーを備え、生き続ける。
観客動員で苦戦しちゃってるけど、とてもいい映画だから多くの人に見てもらいたいなあ
いい記事(ただ写真はこれでよかったのか…?)>
「ハケンアニメ!」の理解の補助線として非常に優れた記事でした。吉岡里帆さんを主役に抜擢したキャスティングは絶好の采配でしたね。
このOPGで表示されている画像がちょっとガッカリするけど、ハケンアニメは本当に良すぎて泣いた
それ!良記事
お名前シーンは吉岡さんの提案!作品の時系列を繋ぎ立体感を生んでいるとても好きなシーン。
ハケンアニメ!評を読んだ
最近はニュースみるようになったがここ何十年もテレビ見てなかったから吉岡里帆がそういった立ち位置の女優さんだとはまったくしらなかった
映画館の予告だけではスルーしてたこの映画みにいったきっかけは、配信で見た時効警察の演技がきにいってたまたまだったし
そもそも怨念と執念を並べて表現するあたりナンセンスやなーと思うけど、それだけ真剣に向き合ってるってこと✨
とても良い記事でした…
すげえ記事だ
「怨念に似た執念の持ち主」と中村倫也に言われ、吉岡里帆の反応は…”どんぎつね女優”の隠れた素顔。『!』で見せた底力。
これは、とても良い記事。ホントに今からでも映画館に観に行って欲しい!
後半に向け頷きが止まらない!
改めてそういう作品に出会えて幸せだなあと。
どうか 皆さんに読んで頂きたい❗️
吉岡里帆と言う女優を 的確に書かれている記事です。
素晴らしいです🤟
ホント、里帆ちゃんのイメージここ最近ですごい変わった🥺
ハケンアニメ観れば、すごい女優さんってわかる😮‍💨
倫也くんの事も🥺
とってもいい記事😇
興行成績が悪いのは東宝と東映の力関係にあり。正に劇中の内容そのもの。
思い出してまた泣けてきた。
何と的確な表現!と激しく頷きながら、読みました🥺
まじ傑作。近所のシネコン、早々に上演終了でその最終回に滑り込んだけど、こんな扱い受けていい作品ではない。
俳優に対するリスペクトをすごく感じる記事☺️
「怨念に似た執念の持ち主」と中村倫也(35)に言われ、吉岡里帆(29)は…”どんぎつね女優”の隠れた素顔
以上
 
PR
PR