一番の障害は「小児性愛者」の存在……『はじめてのおつかい』がドイツではありえない理由 | 文春オンライン

ツイッターのコメント(10)

ドイツは結構怖いところなんだな
日本でも特殊だけどね 都市部ではあり得ない
あの番組はほとんどフィクションと思って良いよ
日本でも幼児一人でお使いに行かせることなんてほぼないし、複数の撮影クルーが安全に目を光らせてるでしょ
日本も子供1人出すのは不安あると思うが他先進国と比べたら圧倒的に安全だし根本的に違うよな。。。→
アメリカでありえないのは、予想通りだが、ドイツでもか。
『一番の障害は「小児性愛者」の存在……『はじめてのおつかい』がドイツではありえない理由』
サンドラ・ヘフェリン「1990年代、夏休みに日本を遊びに訪れたときは、この番組を見るのが楽しみでした。未熟だけれど一生懸命な子どもたちの奮闘ぶり、テレビ画面越しに伝わってくる地元民の優しい雰囲気、そしてほのぼのとした独特なナレーションも好きでした」
“だからやっぱり思うのです。世界も日本のようになればいいな、と”
ドイツ人の偏狭さには辟易するわね
フェミニストが憧れる性暴力が日本より少ないヨーロッパ先進国様のお話とは思えませんな。
ほのぼのとしていて好きなんだけどね、『はじめてのおつかい』。ただ現実を見ると、障害は「小児性愛者」の存在。これは深刻。【一番の障害は「小児性愛者」の存在……『はじめてのおつかい』がドイツではありえない理由】
以上
 
PR
PR