《任期は来年4月まで》日銀・黒田総裁の「円安は日本経済にプラス」は正しかったのか? | 文春オンライン

ツイッターのコメント(10)

輸出はGDPの2割。個人消費は6割。円安になっても材料費も上がるので輸出によるメリットは低い。一方で個人消費には大マイナス。円安は悪政でしかない。//
来年4月までは、円を売れ!
えー。この人から、円高は悪、円高は悪、円高は悪、円高は悪、ってこの20年に100億回くらい聞いたが、突然円安が悪になったのか、そんなに話し変わっても良いの。
>円安は150円もあるが、問題はその後だ。元財務官の榊原英資氏による「ポスト黒田の『利上げ時代』に備えよ」を一部公開します。(「文藝春秋」2022年6月号より)

《任期は来年4月まで》日銀・黒田総裁の「円安は日本経済にプラス」は正しかったのか?[文春]
いいもんかよ
120/130=92%。
今回の円安で日本の総資産の8%が溶けてなくなったという話。

つまり、見た目は同じ1万円札でも9200円分しか海外のものを買えなくなった
まあ、日銀総裁の任期は長すぎる。
金融政策はコロコロ変えて良いもんではないけど、それにしても長い。
間違った政策、これだけ続けると、致命的だ‼️‼️‼️
"〜今年年末から来年初めにかけて140円から150円ぐらいまで円安になるだろうという予測が出ています。私も、おおむねその水準まで円安が進行するだろうと見ています。"
以上
 
PR
PR