「加害者にも未来がある。学校は責任は負えない」旭川イジメ14歳凍死 中学校教頭が母親に告げた言葉《生徒7人の行為をイジメと認定》 | 文春オンライン

ツイッターのコメント(37)

ここでは、 未来を奪われたイジメ被害者は泣き寝入りを強要、
被害者にも未来がありますけどね‼️
最初のY中学校の担任と教頭が主犯と言って差し支えない事件。
いじめは初動で徹底的に潰さねば!これは先生が黙認したも同然。
――爽彩さんがいじめ被害を相談
担任「彼はちょっとおバカな子なので気にしないで」

――お悔やみの言葉は?
担任「私からお話することはできません」

北星中学は根元から腐ってるな!😠

「なぜ先生はイジメた子の味方なの?」と少女は泣いていた
旭川14歳少女イジメ凍死事件
「加害者にも未来がある」 女子高生コンクリート詰め殺人事件の時にも言われていた 加害者4人中3人は再犯
被害者の未来を消滅させた時点で、加害者の未来なんて無い。加害者の未来があるとするなら、後悔と懺悔に一生苦しむ日々だけ。
長女がいじめにあった時にも学校の先生から「加害者にも未来がある。」と同じ言葉を言われました。
この言葉はテンプレートなのかな?
「なぜ先生はイジメた子の味方なの?」と少女は泣いていた ほんとひどいな。加害者も学校も教育委員会も「殺人犯」で逮捕しろ。
加害者の未来ってのは償ってこその未来なんで、公にするのが基本じゃね?

ってか担任も中々カスやんけ…
救いが無さ過ぎる…
なぜ加害者に未来がいるのか?
中学生に「少年法」なんか居るのか?
国が違えば罰せられる犯罪だよ!
今の彼らの未来は絶望しかないよ。何をしたのか理解して反省できるように治療してください。
 
PR
PR