上沼恵美子(67)が語る、M-1への“苦言”「ああいう漫才に点を入れてはいけないという空気を感じた。全部知った体でみなさん観てますよね」 | 女芸人の今 | 文春オンライン

ツイッターのコメント(134)

上沼さん... さすがです.
やっぱこの人すごい。女芸人で天下取ったのはこの人。
読んでるだけで上沼さんの声が再生される面白い記事でした
今の子供達の活動にダブル所が沢山ある。そんな甘い世界じゃない。
上沼さん、本当に尊敬する。自分の中にしっかりとした信念があるんやなぁ。
えみちゃんの話はほんま面白いな
かっけえ笑!
"浅い汗を流してるだけですから。グニューって群青色の汗を流せと思うんですよ。そうすると勝ちますよね。"
事務所へ属さず一匹狼で。言いたいこと。皆が思ってるけど言えない事をハッキリ言ってきた天才女芸人が結果的に地上波撤退。今の部活動ノリお笑い芸人に対しても痛烈な一言。読み応え満載!
上沼恵美子「M-1はもう笑いじゃない。マニアの意思表明」
面白かったな。ほぼ日で見た欽ちゃんのインタビュー並みに面白かった。
自分が「お笑いコンテスト番組」を見ない理由はこれなんだよなぁ。

上沼恵美子が語る、M-1への“苦言”「ああいう漫才に点を入れてはいけないという空気を感じた。全部知った体でみなさん観てますよね」
かっこええなぁ

この人とさんまが別格なのがよくわかる
後が続かないのも良くわかる
"上沼 そうです。今、お笑いマニアが増えてますよね。一般受けしないような漫才を支持したりしてますね。"


お前らそのものズバリ言われててワロタ
「こんな時代まで生きるんじゃなかったなと思いますよ。テレビの輝かしい頃に活躍させてもらったので。テレビがやがて終わるの、寂しいです」興味深く読みました。堂々と言い切ってるのがすごい。
「そういう時代がきたから、もうお呼びじゃないっていうのはわかってるんです。やりすぎたなと思って。もう満足です。」
こういう自覚があるのは素晴らしい。
人間の欲望には際限がないとは言え、強欲なひとが多過ぎる。
昔はこの人そんなに好きやなかったけど今は好きになったな
めちゃめちゃおもろかった
これはよい記事だ。これを読まずして漫才を語るべからずと言いたい。
まじリスペクト上沼恵美子大先生
全くその通り。スクール育ちで師匠の元で厳しい修行したことのない漫才師の芸は見る気もしない。>>
あぁなるほどなぁ~って思った。
すごい読み入ってしまった。

ほんと、この人の語る“お笑い”が観たい。

昔はスベる芸なんて見た覚えがなかったもん。
もちろんそんな目で視聴者も見てたんだと思うから。

そのバランスを崩した犯人探しはしないけど、笑いへのこだわりをまた観たい。
-1
小学生のとき生活笑百科みてからずっと大好きです。賛否あるけどホントに面白い人。
♯1から♯3までめちゃくちゃおもしろかった。泣く。
すっげえ面白くて朝から読みふけってしまった。
近年のM-1に感じていた違和感を、きっちり言語化してくれていた。さすが上沼恵美子。
めちゃくちゃカッコいいなこのひと…。
めちゃくちゃ分かる、これは
身に染みるんやないかな
無茶苦茶カッコええな、上沼さん。
「芸人ごっこは勘弁」(意訳)なんてなかなか言えん。
素晴らしいインタビュー
上沼さんはもうMの審査員引退してほしいな。
悪いけど。
ズレてるのはいいけど、良くないズレ方してる。(当たり前だけど個人の見解だ👍)
別に女性審査員いらんよ。
だって女性おもしろくないもんな。それがWとの差よ。むしろWの審査員全員女性にした方がいい。
上沼さんのインタビュー記事
深くて読み応えがあるなと思います

個人事務所で腕一本で勝ち上がってきた上沼さんの心意気を感じますね
経験者が語ると違うなぁ。
同じ舞台で経験、体験してきた人が審査してるのに、一般人が何言うてんの?とは思ってた。
面白い、面白くないは個々の感情で評価は自由だと思うけど、審査はその道のプロに任せたらいい。

上沼恵美子が語る、M-1への“苦言”
面白すぎるし、ごもっともなことだらけ
こう言って良いかわからないけど、今まで見た上沼さんで一番綺麗やな思った。
これぞプロ

「そんな『スベったなあ』とか『お前は悪いことしたけど、俺たち仲間やで』とか言うてる人間は、一生MCにはいけません。支持されないと思います。もう根本的に芸人じゃないと思いますね」
上沼恵美子かっこええな。
凄いいい記事でござるこれ。
しばらく前からお笑いに感じてた違和感は「部活動みたいな雰囲気」のせいか
面白い記事だった
良かった😐全部読んじゃった(笑)
上沼恵美子さんはやっぱり厳しいな。
今この時代に厳しいこと言ってくれる人少ないから正直個人的にはM-1の審査員はやっててほしいんだよな…。
何が凄いって、原稿の一字一句から上沼恵美子 さんの声が聞こえてくること!滑舌の調子までありありと!思わず、子どもの頃バラエティー笑百科見ながら食べた焼きそばの味思い出したほど。面白い記事でした
「今『スベった』というのを言い過ぎてますね。そんなもん恥ずかしい話なんですよ」
上沼恵美子(67)が語る、M-1への“苦言”「ああいう漫才に点を入れてはいけないという空気を感じた。全部知った体で ...
ほとんどの芸人を始めてみるから自分の視点はフラットだと思うけど、それでもハライチはそんなだと思った、掟とか云々よりジェネレーションギャップじゃね
上沼恵美子(67)が語る、M-1への“苦言”「~という空気を感じた。全部知った体でみなさん観てますよね」|文春
「ほらは吹くけど嘘はつかない」

お笑いが何かの「意思表明」みたいになってる。私はそこにぽつんと置かれてるので、ただ普通に観ているんですけれども。
面白い記事。
プロとして。ってのがわかるよ。
上沼恵美子観が変わるむちゃくちゃ興味深いインタビュー記事。
全3回とも面白かった
めっちゃいいインタビュー。
 
PR
PR