TOP > その他のニュース > “子連れ市議”緒方夕佳さん激白「あの日の行動はまったく後悔していません」 | 文春オンライン

“子連れ市議”緒方夕佳さん激白「あの日の行動はまったく後悔していません」 | 文春オンライン

11月22日、この日に開会した熊本市の定例市議会で、緒方夕佳議員(42)が生後7カ月の長男を抱きかかえて出席しようとしたところ、議会事務局の職員や議長から退席を求められた。緒方議員が拒否すると、対応を...

ツイッターのコメント(21)

当時子供いなかったけど印象的だった☺️
この記事に「ご長男を保育園に入れるという選択肢はなかったのでしょうか?」という質問があって、彼女はあえてそれを選ばなかったことや子育てのあり方は多様であるべきだと考えていることを述べている。
@akoustam 第2子を保育園に預けなかった理由を「母乳育児」と言ってた くらいですから(完母の人でも搾乳して保育園に預ける人は少なくないので)相当「私のやりたい育児」を完遂することへのこだわりは強いと思いますし、この調子で何事も譲らないのであればそりゃあなあ、と
「自分個人のためならやっていません。子育て世代の悲痛な声があって、私のもとに多く届いています。言っても言っても聞いてもらえないけれど、この声を何とか伝えたかったんです」
質問:ご長男を保育園に入れるという選択肢はなかったのでしょうか?
緒方:私の場合、母乳育児をしているので……。日中は数時間おきに母乳をあげますから、保育園に預けたら授乳ができないのです。
緒方市議、普段どうやって仕事してるのかな…💧
月給60万で子連れ限定業務…
子連れ議員さんの主張は「子育て中の議員や傍聴人が政治参加できるように託児所を作って欲しい」ということです。
ベビーシッター云々は「お前金持ってるんだから私費でシッター雇えよ」というパッシング側の意見ですね。
詳しくはこちらをどうぞ
さっすが共産党 ルールご無用とは恐れいる。 比例当選しかないと思うけど頑張ってね!(笑)
やっぱり、この人支持出来ない…
「自分個人のためならやっていません。子育て世代の悲痛な声があって、私のもとに多く届いています。言っても言っても聞いてもらえないけれど、この声を何とか伝えたかったんです」
読んでみるとあの出来事の印象がいろいろ変わる!(*^_^*)そうだったんだ。
クズだな、こいつ →
@genbu38

彼女の要求も、議会内に託児所作れとか、シッター用意しろとか、議員を特権階級と勘違いしているように感じます。
また、母乳育児とか厚生労働省も否定する三歳児神話に拘泥されております(むしろコマザキと反対の立場)。
'人それぞれ'が認められる社会のために。
これ読むと、ますます緒方さんを応援するしかないですね♡→
-  「母乳育児なので」というのが引っかかる。それを貫きたいから子連れ会議OKにして、という風にも聞こえた
これが叩かれてしまうのが悲しい。
なるほど。これはこれで政治活動か。
赤ちゃんに大人の事情を押し付けるなんて
議員になるのはこの市議が自分で
選んだのに文句を言うのにはうんざり
議場が神聖な場所だから赤ちゃんはだめって考え方は受け入れがたいな。
赤ちゃんを何だと思ってんの?
こうやってメディアに取り上げられるのが彼女の目的。まさに活動家に扇動させられているのだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR