「尿一滴でがんがわかる」で話題 線虫がん検査「精度86%」は問題だらけ | 文春オンライン

ツイッターのコメント(69)

これ、半年くらい前ガンガンCMやってて凄いなぁーって素直に驚いてたのに😅
電車でかなりCM見かけてて不審だとは思っていたが…文春ぜひ似非医療似非科学の類もやっちまってください │
まだやってたのか…。
この線虫を使うがん検査は記事の通りクソにもならないトンデモですが,N-NOSEのブランドで車内広告やネット広告を今でも堂々とやっているんですね。昨日地下鉄で見て呆れました。
せん虫癌検査が、なぜ問題にならないか分かった。どこかが癌かもしれないと言われて、患者を検査漬けできるから医療界は自分の手を汚さずに儲かるのか。コロナといえ医療業界はとことん腐っているな。食い物にされる情弱者は可哀想。
両親に勧めようと思ってたけどやめとこ・・・
まず、ヒントになったとされている線虫検査はデータ捏造の疑いが指摘されているばかりか、仮に本当だったとしても使い物になりそうにない。
新しいCMが流れていた…
中央線乗ってたら、ドア上のLCDにN-NOSEの広告が… とりあえず流す広告はちゃんと選別しろや>JR東 / 線虫がん検査「精度86%」は問題だらけ(文春オンライン)
HIROTSUバイオサイエンスの文春砲見逃してた。事実ならセラノスみたいだな。
今月、ネガな文春砲が出たね。
86%の確率等について元の社員がリークしてる。
会社としても刑事告訴するとのことなので事実無根なら和解とかせずに真っ向白黒付けて欲しい。
個人的にはこの検診は発展してもらいたいと思ってる。

(おしまい)
なんだ。
コレ、結局詐欺だったのか。
残念ですなぁ。
。゚(゚´Д`゚)゚。
尿一滴でがんがわかる って本当か?
夢の技術と呼ばれたのに
どうなりますやら。
初めて話聞いた時はさ。ホントに「Σ(゚Д゚)スゲェ!!」って思ってたのよ😞
なんだそりゃ。「私は実用化したものが感度86%だなんて言っていませんよ! 臨床研究のデータではこの結果が出ていると言っているだけです。CMにもそう書いています」

> | 文春
新技術なの事態を見守りたいと思います。
もし、万人に受け入れられる位の精度なら検診の負担は大きく低減されます
が、偽陽性も多く、しかもがんの場所までは特定できないので、その場合全身くまなく検査して異状なしの結果がでても、患者さんは不安しかないとの事
ほぅ。線虫が尿に反応した場合という条件付きなのね。
この言い方って、詐欺疑惑で話題の某社のセールスの仕方と同じなんですけどねぇ。。。
/
素晴らしい!
メモ
まぁ個人のつまらない空想だけど、研究中に金策とかPRで相談した相手から「うける、もうかる」と推しに選ばれて、あれよあれよと突撃レール敷かれてしまった、なんて話だったら悲劇だよなぁ。
胡散臭い🧐
この検査受けた結果、ガンの恐れ大みたいな結果が出た。
何ガンか解らんので、PET って言うんかな?全身レントゲンみたいなやつで検査した結果、何ともなかった。
結果10万円以上がどっか行った
米セラノス事件のような展開になってきてますが、事態をさらに注視。/
これ凄く気になってて自分もやってみたい検査だったんですよね〰(T ^ T)

実際のところの続報が待たれますね〰
こんなものを取り上げてるガイアの夜明けもいよいよヤバいのではないかな?
統計は自分の結果を信じたい盲信から自分と周囲を守る。だからちょっとだけでもかじっておこう。文春砲。/
「『ガイアの夜明け』(テレ東系)などのテレビ番組で大きく報じられ、この10月からは俳優の東山紀之が出演するテレビCMも放送されている」…キャスターやってる人が出ちゃいけないCMだと思ってた。/
線虫がん検査は期待して損した。あまりにひどい内容で笑えない。
はい。ゴミ。金返してくれ。
尿1滴で診断するユニコーン企業ヒロツバイオから、血液1滴で診断するユニコーン企業セラノスみたいな暴露話が出てこなければ良いですが。
「血液一滴で200の医療診断を可能にする」というのが米国シリコンヴァレーのセラノスで、2015年に詐欺が発覚。現在裁判中。血が尿になっただけで、あとは似てるねえ…
話題になってるこの事案
素人の私としては、しっかり検証してほしいと思います。このサービスは一回使いました。妻がリスクありだったので10万円のPET検査もした。

なお臨床試験って、新薬や新手法の科学的な効果を厳密に確認する場じゃないのかな?それが怪しいって話?
線虫がん検査怪しくなってきたなあ。そもそも数年前にどっかのTVで研究段階の紹介されてた時は一回数百円で検査できるのを目指すとかって話だったのに。
「尿一滴でがん検査」が話題です。
ところで3年ぐらい前に「血液一滴であらゆる検査ができる」と謳ったセラノス事件(こちらは詐欺)がありましたね。
アメリカで流行ったことを、日本に持ち込んで成功させるタイムマシン経営は、今でも有効だと実感した次第です。
「 線虫がん検査「精度86%」は問題だらけ」
そういえば、私の前職のブラックもこの番組でたなぁって思いました😌
H社は断固対抗姿勢ですね。

正しい科学はどっちかな?
例えH社が正しいとしても、これは商品として今は無理かな。
期待していたんだけどね。
すげえ、まさか、嘘だろ?って。
悪質だなあ。医療の発展や癌の早期発見という大義の陰で人の不安につけ込んで儲けようなんて輩だとしたら、線虫に寄生されろ。
期待していたのだが!
BAD BLOOD かな
ハハハ,ウケるww
まあ化学も実験の巧拙で簡単に再現取れなくなるし?ww
ヘルスケア関連企業は、エビデンスを示したり監修をつけるときのプレイヤーを慎重に選ぶ必要があることを示す事例かもしれません。特にリハ関連はデータの捏造・改竄が横行しているので、注意が必要だと思っています。
「「商品化した検査も、謳っている精度を保てていません」(現役社員)」
これが本当なら…(てかこの検査は使い方相当に悩ましいですよね /
広津さんまずいなぁ。嗅覚アッセイは上手い下手ありそう。条件設定や株の維持とか色々。産業化するのはねえ。あと、精度と感度がごちゃごちゃに使われてて意味がわからん。それを意図的にやってるならタチ悪いな。
セラノスかよ。やめてくれみっともない。
残念でした

>
セラノス事件の再来。
人の命がかかっているのに、ここまで適当な事業をやれるのはどうしてなんだろう。
自分で自分に嘘をつき続けて引き返せなくなっているのはわかるのだけど。
うちの職場でも頭目(あえてこう書く)がこの検査を褒めちぎってた。
最初から嘘くさいと思ってたがやっぱりそうだろなあ🤣
怪しいCM…あの先輩が出てるやつね。
N-NOSE揉めてますね。
仮に86%が正しいとしても、それでも検出率は低いし、偽陽性のリスク、網羅的な陽性判定の後の精密検査の必要性など、問題点は多いよね。

今のところこれまでの健診を変えるようなものではないと個人的には思っています。
臭うな〜と思っていたら、、、
線虫ががん患者の尿を「好む」って、普通に考えて何かの走化性なんだろうし、としたらこんなバイオアッセイするより走化性起こす物質の特定しようとするのが普通の考え方なんで。
「代表は検査員や研究員の検査を『上手い』『下手』と表現します。正解率が高いデータは『上手い』と採用し、都合の悪いデータは『下手だ』と破棄していた。」
線虫検査N-NOSEの文春記事、雑誌を読みましたが、これが本当ならニセ科学を利用した1000億の資金調達詐欺で大事件なんだけど、情報提供者ってどこまで信頼できるんだろう🙄

ガセネタだったら文春が危ない気が。広津氏の論文を読む限り、2010年くらいまでは良い研究してるし。
線虫がん検査、公表されている精度が正しいとしてもスクリーニングとして役立つか疑問だったけど、「私は実用化したものが感度86%だなんて言っていませんよ! 臨床研究のデータではこの結果が出ていると言っているだけです。CMにもそう書いています」とは・・・。
ねっ、医師たちみんな言ってたでしょ、『こんなのデタラメで意味がない』って。

しかし、この記事の内容を見たら、想像以上にめちゃくちゃですね。
ほぼ(というか完全に?)詐欺ですね。
N-NOSEは、第一やひまわりと提携してるのかな。

さらに精度を高めるためのキッカケになればいいですね。
「週刊文春」編集部



出ない時に一滴だけなら助かるけど、どうせ出すならコップ一杯位取ってもええんやで
“関係者から検査方法に疑義の声が上がっていることが「週刊文春」の取材でわかった...”


#ニュース #サイエンス #医療
線虫やっぱ問題になり始めたかぁ
FVCはしばらく触れないかな
お、文春が食いついたか。いいぞいいぞ。
文春も近藤誠を推してたり「○○薬は飲むな」系記事を載せたりで、医療者サイドから見たら「ほぼ敵」だけど、敵同士が戦うのほど愉快なものはそうありませんからな。
虫頼りは怖いな😓
夢はあったんだけどなぁ。夢は夢かな
この線虫がん検査って、以前ワシのオカンが「一回アンタも受けた方がええ」ってめっちゃ推してたやつやん。無視して受けてないけど。
線虫じゃなくてもわかるきな臭さがありそうですね。‥
以上
 
PR
PR