部内騒然 共同通信の若手記者が連続退職 原因の大半は“エリート上司”の言動 | 文春オンライン

国内最大の通信社、共同通信で〈非常事態〉が起きている――。舞台は、同社の国際局海外部。政治部や社会部などの「一般記者」とは異なる「英文記者」ら約60名が所属している。海外大学出身者や帰国子女の記者も多...

ツイッターのコメント(27)

エリートって優秀 と言う意味じゃないからね。 エリートって頭でっかちのバカ って事だからね! 普通じゃない変わり者!
原因の大半ワシントン支局帰りエリートAデスク『コイツ使えない』『全然ダメ』私生活にケチ、陰湿な嫌がらせに『パワハラだ』と若手。部内を牛耳るAデスクは海外部プロパーの英文記者、部長は外信部出身一般記者ゆえモノが言えないよう
その部下を辞めさせるプロの「Aデスク」を異動させられない理由は無いの、え、また上級国民案件?
パワハラする上司の部下が流出する。アメリカでは前からの現象ですが、日本にもこれからどんどん起こると思います。
ところで、弊社はリーダーシップ研修とパワハラ予防研修を提供しています。
「Aデスクは海外部プロパーの英文記者ですが、部長は外信部出身の一般記者。それだけに、部内を牛耳るAデスクに強くモノが言えない」…そんな部長を解任するのが先だろ。この業界は上に行けば行くほど無能らしい(他にも聞き及んでる)。商品は陳腐化、人材は劣化。断末魔。
共同通信の記者って優秀じゃなくても偏った記事かけるひとならオッケーでは?立憲から出馬し落選した人を雇えばいい。
共同通信にエリートはあまり残っていないと思いますが…唯一の財産は電通の株だけです。
原因は他のところにあるのではないでしょうか?。とにかく嘘の記事が多すぎて、こんな会社に所属すること自体恥ずかしくないのかと思っています。

共同通信の若手記者が連続退社?原因の大半はエリート上司の言動か
共同通信で若手記者の退職が相次ぐ非常事態。原因の大半は“エリート上司”の言動。
メディアはもっと若手を大切にしないとダメですよ。過去の武勇伝を語り、部下を「コイツ」扱いするような上司に若手社員がついてくる時代じゃないことを意識すべき。
どんなに優秀でも、パワハラ野郎を据え置くのは重大なリスクに繋がる。

部内騒然…共同通信の若手記者が連続退職、
 
PR
PR