「政権選択の大決戦」と言うけれど…立憲民主党代表・枝野幸男の“ズルい振る舞い”《まもなく10・31衆院選》 | 文春オンライン

ツイッターのコメント(30)

ヒルカラナンデスでも話しておられたように、なんとなく「勝った」言って、自身の責任を問うこともなく、江田曰く「ライバル政党として」立ち回り、ぬるっと「さー参院選」とか言うつもりなのだとしたら、今どれだけの人が現在と未来におびえその票を託しているかわかってない
岸田の行っていることだって経済成長が伴わなければ共産主義そのものだし立憲共産党vs自由共産党の戦いだな
プチ鹿島氏
立憲民主党代表・枝野幸男は尻をくくれ
野合批判には堂々立ち向かえ
「どうやって学会・公明党とのパイプをつくったんですか」と野中に聞いた。すると野中はこう答えたという。「叩きに叩いたら、向こうからすり寄ってきたんや」
「口では政権交代だ野党共闘だと言っていても、本当は自分の党の議席が伸びるだけでシメシメなのだろうと思われてしまう。少なくとも私は意地悪にそう見る」
この位の事は新聞も書いて欲しい。今は文春しかメディアがない、かも。
与党も与党だけど野党も野党って空気が漂ってるよなぁ~まさにこの記事どおりって感じだな
仰せの通り。流石に鋭い。
しかしご心配は無用です。
万一野党共闘で敗北した時は枝野さんには当然退任して貰います。

人の道として当然だ。

本来その列車に乗ろうとしていた多くの候補者を共産党とれいわ降ろした。

その犠牲の上に野党共闘がある。
責任は取って貰う。
氏の記事
野党共闘を応援する身だからこそ私はこの記事を支持する
まだ出来る事はある!
野党第一党にしか出来ない事があるはず
まっとうな政治

スローガンかかげる割に、説明しない議員。

まっとうな説明のうえに、まっとうな政治だと思う。
まだ日曜の投票日まで時間はある。枝野氏や幹事長の福山哲郎氏は『野党第一党としての腹のくくり方を具体的』に表明したらどうか。まつりを盛り上げる責任がある。
枝野幸男という男はその場限りの対応しかしない人間なんだよね。「負け」ても、不正選挙だとか、ロウソクデモやるぞとか喚き立てて、責任を取ろうなんて考えないだろうね。
ズルすぎるよねぇ😓
枝野さんは正直今は何もしてない人にしか見えない。野次は飛ばすけどその野次自体が特大ブーメランな事も多いし、政策も全然見えてこないよ
やってることは自民党も立憲民主党もさほど変わらん。
よっぽどこの記事書いたライターと平気で載せる週刊文春 の方がえげつないわ🖕
ー見せかけの姑息さだな。
プチ鹿島氏による切れ味鋭い論評です。与野党いずれの支持者にも読んでもらいたい記事だと思いました。選挙って何なのかということを考えました。
👇
「想像してほしい、政権交代ができなくても幹部の顔ぶれは同じ、そこそこの権力を握り、来年の参院選が近づいてきたらまた闘いだと叫んでみせる。この繰り返し…。」
/
自民党は嫌いだが、他の政党もインチキ臭さがプンプンしてる
政治家は舌を何枚も持っているからなぁ
ホントに〜枝野さんなんかずるいよね〜って見えちゃう感じ…!
政権選択の大決戦と言うけれど立民代表枝野幸男のズルい振る舞いまもなく10・31衆院選 口では政権交代だ野党共闘だと言っていても本当は自分の党の議席が伸びるだけでシメシメなのだろうと思われてしまう少なくとも私は意地悪にそう見る
負けたら責任取れよ
その通り。【link】
「選挙に行かないと日本は変わらない」
と主張する人達は

まずいの一番にこの人達を変える必要がある
日本を変えるつもりなんてさらさらないんだから
プチ鹿島も党派性を隠さないようになってきたなーという感じ。普通に「エール」じゃん。
プチ鹿島「当初、立憲の幹部は負けそうな選挙からは距離を置いていた。それが勝てそうとなったら前面に出てくる。こういう振る舞いはズルくないだろうか。負けそうな選挙は国政と関係がないという態度は菅前政権を思い出した。」
だって基本性根が腐ってるから、小狡い立ち振る舞いしかできないし、言ってることに中身がねえもんな。
「枝野氏や幹事長の福山哲郎氏は野党第一党としての腹のくくり方を具体的に表明したらどうか」
まさにその通り。有権者は結局そこをみてる気がする
思うのは
枝野さんの人気がない
少しずれている思う
さらに菅さん野田さん達
旧民主党の戦犯が未だ現在
ある意味皆様長老
全員覚悟の言葉必要かも
1議席でも増えたら『民意は間違いなく我々に寄ってきている❗️』とか言いそうで怖い🥶
以上
 
PR
PR