小山田圭吾 懺悔告白「僕はなぜ“障がい者イジメ”を得意げに語ったのか」 | 文春オンライン

過去に複数の雑誌で“障がい者イジメ”について語っていたことで批判を浴び、東京五輪開会式直前に演出チームを辞任した小山田圭吾氏(52)が、騒動後初めて、取材に応じた。ノンフィクション作家・中原一歩氏のイ...

ツイッターのコメント(93)

シャラップ!あなたが出てくると、うちの子が虐められたようなイヤーーーーな気持ちがするから、もう出てこないで!!
なぁにがザンゲだ。そんな言い訳で納得するか。排泄物を食わせるのは「イジメ」レベルじゃねえ。さっさと犯罪だと認めろ
うわぁ、超カッコ悪い…
加害者だった側が釈明する記事で何を読み取ってもらいたいんだろう?
被害者と言われる人の言葉も出てきて初めて検証可能だと思う。
有料だし記事の目的が謎だ…
ファン向け?

| 文春オンライン
自分が被害者だったら、この男をぶっ殺してやりたい。
この男は誰かにぼこぼこに殴られて痛い目に合っていじめられた者の痛みを体験するべきである。 文春オンライン
出た!
懺悔告白

開会式の作曲担当を辞任した後は、番組が放送見合わせ、楽曲の差し替えが次々と決定。8月にはフジロック参加見合わせ
9月上旬、小山田氏は取材場所に黒のパンツに白の半袖シャツ姿で現れた。精神的に追い詰められ、7キロほど痩せたという。
「もう間違いがないことやもう隙を見せないやり取りには嫌気がさしちまった」も「人の言葉を繋ぎあわせてイメージだけに加速度つけ話すだろう」も真意は同じなんだろうなって思ってた
もっと早く本人の口で語る形で表に出ても良かったのではと思ったけど、オリパラ終わるの待っていたとのこと。でもこうしてメディアが場を設定するのは大事だと思う。
人権、特にその普遍的管轄権は人類の宝であるが、人権への”忖度が群れる”と、魔女狩りの狂乱を生み、人権の実施に本来必要な寛容性を破壊する。
 
PR
PR