“ぼったくり男爵”バッハ会長、母国・ドイツでの評判は「お金に汚いビジネスマン」 | 文春オンライン

最近、日本ではIOCのトーマス・バッハ会長の評判がすこぶる悪いです。まず東京で緊急事態宣言が発令中であった3月、同氏が東京オリンピック・パラリンピックについて「安全で確実」に開かれると発言したことが問...

ツイッターのコメント(101)

「2021/06/21」「1935年にはユダヤ人から公民権を奪い取った悪名高いニュルンベルク法」五輪「中止を防ぐためにヒトラーは表向きには条件を呑み、全ての宗教と人種を平等にオリンピックに参加させると約束」も「ユダヤ人の走り高跳び選手マーガレット・ランバート」出場不可に
こういう記事は
ホントに悪い国内の奴らから
目を逸らす目的の記事かも🤔
…サンドラ・ヘフェリン記事もあった。
オリンピック中止を防ぐためにヒトラーは表向きには条件を呑み、全ての宗教と人種を平等にオリンピックに参加させると約束しました。しかし、その約束は破られます。
なるほど面白い記事だなぁ。
オリンピック自体に否定的な理由が納得いきました。

納得できただけね(笑)
そうなんだwwwww
ドイツのぼったくり男爵に関する考え
“ドイツでバッハ会長といえば、「桁違いの報酬の人」というイメージで、よく言えば「やり手のビジネスマン」、悪く言えば「お金に汚い」” /
森友改竄安倍→菅→佐川
五輪ゴリ押し安倍→菅
こんなヤツのおもてなしなんかしたくない。

“ぼったくり男爵”バッハ会長、母国・ドイツでの評判は「お金に汚いビジネスマン
 

 
PR