TOP > その他のニュース > コブクロ黒田 “不倫相手が自殺未遂”報道の「週刊文春」を東京地裁に“差し止め”請求 | 文春オンライン

コブクロ黒田 “不倫相手が自殺未遂”報道の「週刊文春」を東京地裁に“差し止め”請求 | 文春オンライン

音楽デュオ・コブクロの黒田俊介(44)が5月10日、5月12日発売の「週刊文春」の出版差し止めを請求する「仮処分命令申立書」を東京地方裁判所民事部に提出した。「週刊文春」では、黒田と不倫関係にあった3...

ツイッターのコメント(43)

女性の行動にビビった事
1.夜11時頃にLINEが!60~70キロ程離れた街に住んでる人妻から僕の近所の写真と共に近くに来てるから出て来てって
まず何で僕の住所知ってるん?そんで何で夜に人妻が遠くまでやって来るん?
全てが謎でひたすら恐怖でしかなかったw
続く
そりゃ遊ぶだけ遊んでポイしてストーカー扱いだもんな
LINEのやり取り本妻のポストに投函もしたくなるわ
去り際が下手なやつって本当にバカなの?(ᐡᴗ ̫ ᴗᐡ)

| 文春オンラインは
コブクロは2人共、玉袋使い過ぎやなぁ😧
うわッ!
ひさしぶりに来たリスカ○ス
これ注目されていると思うけどなんかどの番組もダンマリだな。最初のランキングにも入ってなかったし
小渕が強すぎやねん…歌詞も曲も作って、ハモリも作って…
不倫はまぁ置いといて…
ってテイストの記事になるんおもろいww
また有名人が不倫…不倫デュオだ💧
「永遠にともに」💬

相手はうつ病になって70錠も薬飲んで自殺未遂…
死ななくて良かったけど、弁護士たてて泥沼だ…不倫はダメ。

独身時代の近藤真彦と付き合ってた中森明菜さんも、浮気とかで悩んで自殺未遂したけど、生きてて良かった。
記事のインパクトもさることながら、差し込みの画像の黒田のインパクトもすごい
事実を報じられることに仮処分申請なんて呆れるばかり
これ不倫は確定なんか?
黒田(44)でも不倫すんねや、、実際
わいの周りのイケメン達で先輩も後輩も
彼女一途みたいな人1人もおらへん。
学生な頃から付き合って6年、結婚!
みたいなんも平気で裏でしてるし。
男ってみんなそんなもん(´・_・`)

“不倫相手が自殺未遂”報道|文春オンライン
え、コブクロ豊中住んでんの?笑
なんで嫁がいるのに不倫するんだろう?そこにしか咲かない花があったのか?
2度目の結婚式定番ソングからの差し止め請求を受けた名曲“永遠にともに”が可哀想。
二人揃って節操無しって(゜_゜)
“「週刊文春」では、黒田と不倫関係にあった30代独身女性・A子さんが自殺未遂していたトラブルを取材していた...”

#エンタメ #芸能 #黒田俊介
クソゲスだな!
LINEはあかんて💧
「いい歌を歌う」とか「いい演技をする」とか。
「正統派」とか「清純派」とか。
「だから聖人」は思い込みよ。みんな同じ清濁併せた人間。
女も男もクズ。
既婚者に近寄る女にろくな奴はいないし、ノコノコと女遊びしたり、楽しくLINEしたりする男もろくな奴じゃない。
何楽しそうにしてんじゃボケってかんじ。
クズクズクズ。
ストーカーされて自殺未遂までされるコブクロ黒田。

“ | 文春オンライン”
事後の対応も含めてかっこ悪いね。コンビ名と同じでちいせえタマキンだ
文春さん、あることないこと構わず書くからなぁ( ̄▽ ̄;)基本、書かれた側(コブクロ黒田)の味方になりたくなっちゃう(笑)
不倫デュオになっちゃったじゃんかよ…orz
結局2人ともかよ💦
歌詞綺麗事多いけど、やっぱり綺麗事ばかり言うやつはやばいやつだと再確認した
勝ち目も何の利益もない差し止め請求を誰が勧めているんだろう?
まあ、ストーキングの一環であることは一理あるので置いといて、単純に損しかないやん。
アホなん?
-

2番目の女は主役にはなれないわかってたはずでしょ

愛する人に迷惑かけるんじゃないよ
いよいよ結婚式で流せない曲になってしまったな。
てことは、コブクロは両方とも不倫トラブルか?W不倫デュオか。子宮が好きなんやな。
黒田って恐らく凄まじい巨根だろうね。
コブクロといえば深爪さん

ある意味、すごい!
先見の明の持ち主だと思いました。
わたしにはよくわかりませんが、週刊文春が書いていることが正しい気がします。
キンタマブクロに改名やな
相方も不倫常習だろ。世の中不倫だらけだな。
音楽デュオ・コブクロの黒田俊介(44)が、5月12日発売の「週刊文春」の出版差し止めを請求する「仮処分命令申立書」を東京地方裁判所民事部に提出
文春砲、こういうアーティストまで及ぶのか。
〈「週刊文春」の報道はストーカーを助長する行為にあたる〉というような理由での出版差し止め請求なんか、どだい無理ですよ。その理由に何か不思議なものを感じるくらいです。
謎の小袋80袋
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR