TOP > その他のニュース > 「お客さんが言う『オレンジページ』は『レタスクラブ』でもある」商品名を間違っているお客さん…ベテラン書店員の判断術 | 文春オンライン

「お客さんが言う『オレンジページ』は『レタスクラブ』でもある」商品名を間違っているお客さん…ベテラン書店員の判断術 | 文春オンライン

現役書店員が描く書店あるある。うっかり者の新人、微妙に拗らせてしまったベテラン、ほどよい温度の店長たちが、次から次へと来店する、ほどよい温度でクセが強いお客さんたちを華麗にさばく。ほどよく頑張ってほど...

ツイッターのコメント(21)

前職で経験済みですが、結構、勘違いされているケースが多く、丁重に説明すれば大抵は納得して貰えましたが、癖が強いお客様も稀にいたので、接客は神経を使いましたね

「お客さんが言う『オレンジページ』は『レタスクラブ』でもある」商品名を間違っているお客さん…
めっちゃ分かる。

脳内検索エンジンの、
あいまい検索が
毎日アップデートされてた。
相手が間違った本の題名を言っていても見つけ出す能力はすごい。
普通の店員なら、検索しても出てこないので、無いですで終わりそう。
言いたいことが全て詰まってる。。。
アレとかなんとか思い当たることを自覚した矢先に、ここぞとばかりに数珠つなぎのように次々ヒットしないでほしいと思った件。>
「お客さんが言う『オレンジページ』は『レタスクラブ』でもある」お客さんの情報をうのみにしない(あと、お客さんはたいてい、謝らないよ)……ベテラン書店員の判断術
これめちゃくちゃ共感したし書店に限らず店員なら多くの人が共感すると思う…。うちの店で扱ったことのない商品でも絶対この店で買ったんだ!とかキレるし「アレあるかしらアレ。」とか平気で言ってくるから「『アレ』では商品をお調べ出来ません…」って言うようにしてる。
読んでた記事はこちら(トレンドに上がってたやつ)
本屋さん行きたくなっちゃったな…
めっちゃわかるww 間違ってても謝らんし断固として譲らんのよね何故か…その根拠のない自信はどこからくるのってくらい思い込み強い人いるよね…w
わかる…わかるよ…(元北陸でのJUMPの売上NO.1の地下鉄書店の1レジ担当より)

お客さんが言う『オレンジページ』
元販売員として共感しかない!
本屋でバイト中に感じた良いお客さんBEST3

3位:著者も伝えてくれる
2位:ISBNも言ってくれる
1位:そもそも話しかけてこない
それはレタスクラブではないし、その不具合は今回のアプデとは関係ない!貴方の求める答えは今回のサーバー停止とは一切関係ない!
文春オンライン:
タイトルならいざしらず、あらすじをうろ覚えだと探すのに苦労します。
(図書館司書資格保有者)
本屋に注文するときは、書誌情報を書いて渡すと(多分)スムーズ!
これはwwドラッグストア店員にも言える話。わかるわぁ
無意識に口から出た「あるある~」
文房具屋だけどあるある 少ない情報量とニュアンス、経験でいかに欲しい商品をご案内出来るかってのは重要かも
『かしこい奥さん』て雑誌あるはずや言うてたお客さん、『おはよう奥さん』見てもいやコレちゃう言うて帰りはった事あったわ(傍観者
コレほんとマジだからね
メモもスクショもしてきてない人の問い合わせははちゃめちゃだからね
商品名を間違っているお客さんがやってきたとき、どうやって商品を見つけますか…?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR