TOP > その他のニュース > ES細胞やiPS細胞を超える!? 再生医療のホープ「ミューズ細胞」は何が凄いのか | 文春オンライン

ES細胞やiPS細胞を超える!? 再生医療のホープ「ミューズ細胞」は何が凄いのか | 文春オンライン

心筋梗塞で心臓が弱まった人が拍動を取り戻し、脳梗塞で麻痺や認知などの障害を負った人が健常の生活を取り戻す――。特効薬がなかったこうした疾患を快復させるかもしれない画期的な製剤が今、開発されつつある。「...

ツイッターのコメント(12)

IPS細胞を超える!?
「ミューズ」細胞
点滴するだけというシンプルさ。
素晴らしい。一刻も早く量産化して欲しいね
早く承認して苦しんでる人を助けてあげて
❗️夢の様な治療❗️
培養して数を増やしたミューズ細胞を点滴で15分ほどか

けて投与するだけ❣❣❣体内に入ったミューズ細胞は血

液の流れに乗って、損傷した臓器や組織に自動的に集ま

り、その修復を始める
ゲームの話かと思うレベル

現在行われている治験では、ドナーから採取し、培養して数を増やしたミューズ細胞を点滴(静脈注射)で15分ほどかけて投与するだけ。体内に入ったミューズ細胞は血液の流れに乗って、損傷した臓器や組織に自動的に集まり、その修復を始める。
人間に元々備わっている自然治癒の源を点滴で入れ
自然治癒力を上げるってこと?
すごいなこれ

 再生医療のホープ「ミューズ細胞」は何が凄いのか(文春オンライン)
脳梗塞や心筋梗塞...元から体内にあるミューズ細胞の数だけでは修復には足りない...ミューズ細胞の製剤で賄う...外から投与し、傷害を修復...補充...ALSのように、おじいさんのつぶやきのような小さなシグナルであっても、ミューズ細胞はシャープにたどり着く
コレは凄い😳

| 文春オンライン
何とASL治療に福音が。早く実現出来る事を切に願う。

(2ページ目) | 文春オンライン
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR