河野太郎ワクチン担当相人事で、菅首相に二階幹事長が不快感!? 後藤謙次徹底解説「菅政権失敗の本質」 | 文春オンライン

昨年9月の政権発足直後、60%台の高支持率でスタートした菅義偉内閣の支持率が30%台にまで急落した。この5カ月間、コロナ対策を最優先に進めてきたはずの内閣はなぜ躓いてしまったのか。遅きに失したGoTo...

ツイッターのコメント(24)

菅内閣の本質について分析すると、及第点に達していないのは明らかです。“赤点”を付けざるを得ない最大の理由は新型コロナウイルスに対する一連の対応です。結果を出す、出さない以前に、菅首相は国民の不安を取り除くようなメッセージを発することができていません。
国民無視・利権優先で党内で勝手に内紛。自民党は一回、地獄の底まで落ちて党内を粛正してから出直せ。今回が良いタイミングだ。

 後藤謙次徹底解説「菅政権失敗の本質」
後藤謙次「菅政権失敗の本質」
*二階俊博氏が不快感(笑) 二階・菅政権だと思っていたが、菅首相が勝手にしたからでしょう(笑)
大ナタを振りかざそう
“(ワクチン接種計画について)ある省庁幹部は、「西村、田村
、河野……誰と相談したらいいんですか」と党幹部の1人に愚痴をもらしたといいます。”
二階うるさい!
私も不快です。
なぜに厚労相がしないの???

->
二階の嫌なことは正解の可能性が大きいって事じゃないの?

 後藤謙次徹底解説「菅政権失敗の本質」(文春オンライン)
なんの根拠も示しておらず、いちジャーナリストの見解だけを述べた記事。

ただの印象操作w
総理がいちいち二階議員の顔色を伺いながら政策決定してたら迅速な対応なんて出来ないから二階議員には引退して頂いた方が日本のためじゃないかな?
 
PR
PR