ロッテ・澤村拓一、初登板の舞台裏 『純朴でいい選手』原監督から井口監督に届いたメッセージ | 文春オンライン

幕張の澤村は衝撃的なデビューを果たした。ジャイアンツからトレードでマリーンズ入りした澤村拓一投手は入団会見が終わるや試合に備え練習合流。即ブルペンで待機した。そして1点リードの6回にマウンドに立った。...

ツイッターのコメント(15)

この記事読むと澤村の印象が本当に変わるなぁ。
鳥さんに澤村投手、なんか今年はロッテおもろい。レアードもしかり、ここ最近のロッテの補強は好き。
これは良い記事ですね…😭
いいやつやん…
取材が終わってからも撮影用のレプリカのユニホームを脱がずに控室で待機をしていた。「もう会見も終わったから脱いでいいんだよ」と関係者から促されても決して脱ぐことはなかった。「このユニホーム、カッコイイですよね。ボク、だから着ていたいです」
素敵な文章だなあと思ってたらマリーンズの広報の方が書かれてたものだった。メモメモ。
気負いすぎずに本来の力を出されば大丈夫🤗

期待してるよ🤗
こういう記事好きだな!
マリーンズ梶原広報の記事にはいつも感動させられます!
頑張れ澤村!
レプリカユニを脱がない澤村のとこかわいすぎて思わずニヤッとしちゃった これ2ページ目の下のとこにHITボタンあるのでみんな押してください
梶原さんが書いた記事は
本当にいつも読みやすい。
さすが元サンスポ虎&オリ番記者
トレードや移籍がもっとポジティブになりますように
良い記事だ、と思ったら梶原さん。
文春野球コラム ペナントレース2020

> 「同じ中央大学出身の小さな先輩(美馬学投手―身長169cm)と大きな後輩(井上晴哉内野手―体重114kg)と仲良くやってくれ」

ここ笑った
以上
 
PR
PR