TOP > その他のニュース > 回し蹴りで虐待死、児童を2人突落とし……なぜ死刑にならないの? 3つの事件から見る裁判の仕組み | 文春オンライン

回し蹴りで虐待死、児童を2人突落とし……なぜ死刑にならないの? 3つの事件から見る裁判の仕組み | 文春オンライン

「人が亡くなっている事件」でも、死刑判決が下されるとは限りません。無期懲役、あるいは有期刑になることもあります。ニュースを見ていて「刑が軽すぎる」「裁判員裁判で自分が裁くとしたらどうするだろう」などと...

ツイッターのコメント(10)

こういうニュースを見ると、やはり自分がやったことは間違いなかったんだ、と思う。
虐待殺人事件で「何故死刑にならないのか、何故こんなに裁きが軽いのか」なんて知りたくもない。どんな解釈を説明されようと、絶っっ対に間違っている。
法律家がいつまでもこんなこと言ってるからいけないんだよ!!
人を殺したのに死刑にならないなんて納得出来ない。被害者の無念はいずこ?
腐った司法そのものを改革しない限りいつまでたってもクズがのさばり続けるだけ(# ̄З ̄)
悪人天国。This is JAPAN.
日本の法律は被害者に寄り添うのではなく、加害者保護の立場を取っているから、このような説明が出てくる。個人的には弁護士嫌い。
虐待を受けたから同じ目に合わせたってのはマスコミの妄想かわからないけど、普通は自分が嫌な思いしたら同じ目に合わせたくないと思うんだけどな...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR