TOP > その他のニュース > 小池百合子「4年間の任期を全うする?」再選直後、珍しく言葉がたどたどしかった瞬間 | 文春オンライン

小池百合子「4年間の任期を全うする?」再選直後、珍しく言葉がたどたどしかった瞬間 | 文春オンライン

東京都知事選挙は小池百合子さん(カイロ大卒)が当選。おめでとうございます!しかしこの圧勝により、来年も都知事選があるかもしれない。私は忘れられないのだ。小池氏が3年前に希望の党を結成したときに見せた国…...

ツイッターのコメント(29)

笑顔だけど目が笑ってない。

この権力闘争はまさに「仁義なき戦い」の世界やな。
小池百合子・東京都知事のよく分からない横文字フレーズ。多くの人が意味がよく分からないから、いっそアラビア語にしてみたらどうだろう。そしたらカイロ大卒の疑惑が少しは晴れるかも。ちなみに「ワイズ・スペンディング」をアラビア語にすると الإنفاق الحكيم 読めないw
:"東京都知事選挙は小池百合子さん(カイロ大卒)が当選。" この時点で皮肉しか感じないのだが。
@Hitomi_3 鹿島さんの分析です。
北区の都議選にポイントがあったとか。
都知事選の費用55億円を国政へのステップにする…?
どうやらポイントは来年の都議選にあるよう。そのヒントは実は今回おこなわれた「北区」の都議補選にあった。

「自民と都民ファ 北区で激突」(東京新聞6月25日)
都知事選では実現しなかった都民ファーストの会と自民党が激突していたのだ。

その経緯がすごい。

都民
「東京都知事選挙は小池百合子さん(カイロ大卒)が当選。おめでとうございます!」
オリンピック終わりか、中止決定で終わりかな!? #都知事
宇都宮支持も山本太郎支持も心折れる事は無い。
小池百合子は東京オリンピック実施して気が済んだら国政だ。
ムカつくけど。
都知事選で366万の圧倒的得票で再選した小池百合子さん。普通なら「一生を都民、都政のために捧げよう」と思うだろうが小池氏は恐らくこれだけの都民を籠絡できるのだから国民もちょろく騙せると考えるだろう。彼女が橋下徹氏と組んで「日本大改革2.0」を掲げても驚かない。
笑った時の歯が汚くて鬼婆のよう。
嫌いな人相の一つです。
すまん。
・ウイズコロナとは言うがウイズ夜の街とは言わない都知事。

・東スポもびっくりの手法とは。
最初からタイミングみて国政へはにじみ出ているし、いまの政権ががたついているときに、首相の座を射止めないと、年齢的にも、ラストチャンスでしょうから…。
来年もまた都知事選があるかもしれない コロナ対策のために都民は変革を望まなかっただけ。
私は舛添氏に期待していただけに、再登板を願いたい。
小池さんに投票した都民だけがこれからの責任を負ってほしい、ってわけにいかないのよねえ。
誰でも思う筋書きだよね。こんな空洞にどうして信任票入れられるのか?理解に苦しむぜ都民
野心?嗚呼悪い方のネ

志しの無いただの厄病神、厄介者

《自民党では「都議選の結果や東京五輪の成果次第では、小池氏は再び国政復帰に色気を出すのではないか」と警戒する声もある。》
お金で卒業証書を買えるので信用していない 嘘がお顔に出てる
〈7月3日、小池都知事は定例会見であらためて「“夜の街” 要注意」というフリップを掲げた。しかしその下には、

(ガイドライン遵守店を除く)

…これだと「夜の街」というインパクトがまず印象に残っちゃう。

 この手法は何かに似てると思ったら東スポの見出しだ〉
"しかしこの圧勝により、来年も都知事選があるかもしれない。…"
政界での興味は、選挙上手で抜群の政局勘を持つ都知事・小池百合子がいつその座を明け渡して国政に逃げ込むか、その時にどの党でどういう形で転じるのかが焦点だ。
記事の内容はなかなか刺激的で🤔一気に読んでしまいましたが、途中の「ルー大柴『僕からみてもカタカナ多いな』」は思わず吹きましたwww🤣笑
池上氏「4年間の任期を全うされると約束されますか?」
小池氏「自分自身の健康をしっかり守っていきたい」

この質問だったか❗️選挙中なら小池氏が失速する奇跡が起きていたかも。
これからの4年は途中で、隠居引退する事になるであろう事実有ります!騙されない様に!お願い致します!
やるって言えばいいのに。
ゼロまみれなんだから。
いまさら。
4年間トゥゲザーしようぜ?
でも、都民が選んだだぜ。
そっかー

安倍のあと小池っていう線もあるのか。

嫌だなあ
池上彰氏に「4年間の任期を全うされると約束されますか?」と問われた際、「自分自身の健康をしっかり守っていきたいと考えております」と小池氏は言った。

「しどろもどろしていたのは、、池上彰の方でその後も見苦しく感じたのは私だけでしょうか?」
小池知事も成果が無いな。
何したのか、精査すべきだ。
知事選も対抗が無策ばかり。
以上
 

いま話題のニュース

PR