TOP > その他のニュース > 《東京都公表のデータでは全体像が見えない》“世界一安心な都市”になるために必要な2つのこと | 文春オンライン

《東京都公表のデータでは全体像が見えない》“世界一安心な都市”になるために必要な2つのこと | 文春オンライン

東京では歓楽街を中心に感染者数が増えており、100人を超える日が続いている。6月19日の休業要請解除からちょうど2週間であり、現在の感染者数はその頃の状況が反映されている。自粛の解除に伴うある程度の再…...

ツイッターのコメント(18)

2020.7.6 
WHO事務局長上級顧問が提言「五輪開催の最低条件」
* そうか!今まで通りやってれば東京で五輪をしなくて済むわけだな?五輪反対の意見が賛成を上回った調査もあるし、折りも折り小池氏が再選されたわけだし。→

| 文春オンライン
「日本を含めアジア諸国は、感染が拡がらない特別なファクターがあるはずである」との楽観論

証拠がないので油断できませんよね

それぞれの「新しい日常」のために圧倒的な検査拡充を

大事ですよね
裏付けがない限り、希望的観測かと。安心していると自身や大事な人を失うことになると思います。ご用心。⇒
どう考えても小池都知事はパンデミックを起こそうと企んでる様な気がする。平和ボケに一石を投じるのかな⁉️
楽観はしてない。異常な慎重論を続ける意味は無いと言ってるだけ。こういう記事でどれだけの人間が露頭に迷ってると思ってんだ?
-

気を抜いたらあかん
小池の言うように「夜の街」だけで広まっているなら、検査のボリュームをワッと広げて、もっと大きなデータをとるべき。どうせ小池お得意の嘘なんだろうけど。
文春が吠え面を掻いておられる。自粛など意味がなかったのに。
ただの風邪言うてる人が無責任過ぎるよな💉
そうだ、日本人の感染者、死亡者が少ないのは、現時点まではということにすぎない。第1波以上の感染爆発的が起きないとは、専門家の誰も言っていない。
人を殺すウィルスなのに楽観視出来る奴らの気が知れない
少なくともハイリスクの人達の命や生活を守れる体制作ってから楽観視して。
自分は思い違いをしていたのかもしれない、と思わされた。改めてどうなっていくのか心配になった。
事前に決めていた休業要請を出すべき基準を超えているのに、何かと理由をつけて無視している(猛毒)
渋谷 健司さん(WHO事務局長上級顧問)の記事。納得させられる内容です。小池さん、きちんとした情報の開示をお願いします。
“WHO事務局長上級顧問が提言「五輪開催の最低条件」” / | 文春オンライン
#ニュース #社会 #東京五輪
隠蔽、矮小で何とかなると思う浅はかさ🤣
以上
 

いま話題のニュース

PR