TOP > その他のニュース > ドラマ「M」最終回 小室哲哉は「あなた」、浜崎あゆみは「君」……90年代ギャルにアユの歌詞がウケた理由 | 文春オンライン

ドラマ「M」最終回 小室哲哉は「あなた」、浜崎あゆみは「君」……90年代ギャルにアユの歌詞がウケた理由 | 文春オンライン

悔しいがお見事としか――。ドラマ『M 愛すべき人がいて』。小説「M」が出て、これまたドラマ化されるというニュースが流れた時、誰が祭りになることを予想しただろう。少なくとも私はコケると思っていた。ところ…...

ツイッターのコメント(27)

ちと泣いた😭私の青春はあゆ派!ガングロegg育ち。
このライター、うまい!!
このドラマは見てないけど、浜崎あゆみではSeasonsが一番好きだ。これを聴くといつも高校を思い出す。

高校で入った野球部が辛すぎて、下手すぎて練習も全くついていけず、1年生の夏の6泊7日の福島合宿で夜これをMDで聴いてたら涙が止まらなかった。
君と僕 の表現って宇多田ヒカルが出てきてから書き出したような印象だったなー
君僕革命ね。
確かにここまでさらけ出すのは誰にでも出来ることではない。
カラオケ行きたい🎤
やってたことさえ知らないし
周りとも話に出たことすらない
歳よったなあ俺も・・・
写真は悪意しか感じないけど、中身は共感。
あゆの歌詞は神様だった。
Depend on you1曲しか知らん。野村義男やエンリケか渡辺英樹がバックについてたから聴いてチョロつとコピーしただけ。アユレディは毎週見てたけど
昔、オフィーリアの歌を「キミ」で訳した。演出から質問が来て、浜崎あゆみですと答えた→
いいしか駄作かわからんが、凄くヒットしたことは間違い無い。
単なる記者の想像を並べ立てられてもなぁ
あゆはいつまでもわたしのカリスマ
この数年後、AKB48が「僕」の気持ちを歌ってヲタの心を鷲掴みにする。
マサが大麻やってるっぽい気配はあった⁉️
ライター『このドラマはコケると思っていた』クソ評論家ってのはいつもそんなもの。
確かにTKは私とあなたで、あゆは君と僕だわね。対象年齢とかも少し下がった感じもあるしね。綺麗さより可愛さみたいなところだし。やはり音楽は興味深いね。
ねぇ。もっといい写真あったやろ。
写真が悪意。もっと可愛い写真にしてよ。
いい写真だ
ほぼおっしゃる通りだと思います✨なんだかんだ、あゆは平成の歌姫です🎤
確かに浜崎あゆみの孤独というか絶望感のある歌詞は惹きつけられるものがあったなぁ。。
読み切ってしまった。本日、最終回。
記事の熱量がすごい…
写真に悪意感じるよ。
もっとちゃんとした写真あるでしょ^_^
80年代の大栄ドラマの再現‼️
スチュワーデス物語と同じ現象‼️
一人称僕詞の女性シンガー/アイドルグループの系譜についての文章は時折見かけるのだがどれを読んでもしっくりくるものがないので誰か決定版を書いてほしい
今日で終わりか。後2、3回
観たかったなあ。
勿論観たいのは田中みな実の演技ですが。^_^
記事では歌詞について”小室哲哉は「あなたと私」、浜崎あゆみは「君と僕」”の考察。
以上
 

いま話題のニュース

PR