TOP > その他のニュース > 文書入手・実名証言 電通が幽霊法人トップに1000万円を“還流”の疑い | 文春オンライン

文書入手・実名証言 電通が幽霊法人トップに1000万円を“還流”の疑い | 文春オンライン

「週刊文春」5月28日発売号が報じた、持続化給付金事業を電通の“幽霊法人”である一般社団法人「サービスデザイン推進協議会(以下、サ協)」が受託していた問題。これまで、社団法人であるサ協は利益を出すため…...

ツイッターのコメント(77)

冗談抜きでこういった腐敗で本来投資すべき事業に金がまわらず、日本の停滞を招いているのかもね。
文春さん、
なりふり構うな!撃ちまくれ!
取材があっても『何も知らない』で押し通すという指示が通達されましたが、包み隠さず話すべきだと思ったのです。サ協代表理事が『無償だった』という説明は正しくありません。弊社から電通に提出された過去の精算見積書を見ると、実際に報酬が支払われていたことが分かります
持続化給付金事業を一般社団法人「サービスデザイン推進協議会(サ協)」が受託していた問題。社団法人であるサ協は利益を出すための法人ではなく代表理事も無給と説明してきたが電通が設立時の代表理事に対し「サ協案件」等の名目で約1000万円を支払っていたことがわかった。
ほんと、あーあ、って感じだよなあ。~
次から次に出てくるぞ
「週刊文春」編集部
膿だらけ。
電通のクソっぷり
*【スクープ】「電通が幽霊法人トップに1000万円を“還流”の疑い」

… 文春オンライン(7/1)より。
「これまで、電通や経産省は『サ協が受託することによる不当な利益は生じない』と繰り返し強調。サ協やUDIも、これまで『代表理事の対価は無報酬』とカネの流れを否定してきた」
電通胡散臭すぎ。
文春の特ダネ。電通がからむ例の持続化給付金問題で、税金が食い物にされていたという話。やはりな。還流したカネで経産省の役人が接待されていたら、汚職の構図。
これって、検察には関係ないことなんかなぁ。
電通って広告代理店なんだから利益を取って子会社や下請けに流して仕事をするのが当たり前なんだけど。
納めた税金を払うのが馬鹿らしくなる案件ですね、国民がバカにされているとしか思えないんです。
文春以外ではこういう記事は書けないんだろうなぁ…。
コロナ禍で仕事も収入も失くした国民の横では濡れ手に泡でウハウハかね?
電通は、早く会社名を変更すべきだと思う

株式会社シロアリ
悪い奴らほど良く眠る、って、本当なのかな。悪い奴らは毎朝寝覚めが悪い、って俺はそう思うんだ。
安倍政権とズルズブの電通は悪すぎる。
なぜ幽霊会社ばかりが国の事業を受注できるのか。その辺りの政治家や官僚との癒着の構造を暴いてほしいね。
「SIIとサ協に関する報酬を電通が肩代わりする形で、赤池氏側に年間1千万円ほどの支払いをしていました。民間同士の契約にすることで、国の事業に義務付けられる審査の目から逃れられる」
電通が設立時の代表理事に対し、「サ協(サービスデザイン推進協議会)案件」等の名目で約1000万円を支払っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。




◯ね
この代表理事は、赤池学氏。
「赤池氏は一般社団法人『環境共創イニシアチブ』(SII)の代表理事も務めていますが、・・

⇒イニシアチブは、GoTo入札のヒアリングを事前に10回受けていた補助金執行法人。
「弊社において、取材があっても『何も知らない』で押し通すという指示が通達されましたが、包み隠さず話すべきだと思ったのです」

赤池氏が所長を務めるUDIの代表取締役CEOの竹腰稔氏。
やっぱりまた文春
持続化給付金事業を電通の幽霊法人である一般社団法人サービスデザイン推進協議会が受託
不倫とかいいのでいろいろ暴いてください。
今度はこちら。この政権は何処までも「お友達への税金配分」にご執心です。安倍総理は「日本(の税金)を、(国民(お友達を除く)の下から、お友達の手に)、取り戻す!」と宣言され、見事にそれに成功してきたわけです。もう、十分でしょう。
巨額の公費を受注した社団法人のトップに、再委託を受けた電通が約1000万円を支払った疑いが浮上した。受託事業の収益が還流している疑惑。持続化給付金事業でもこうした〈アドバイザリーフィー〉が発生していないのか、電通と経産省のズブズブの関係が、また明るみになった‼️
ー SIIとサ協に関する報酬を電通が肩代わりする形で、赤池氏側に年間1千万円ほどの支払い。

民間同士の契約で国事業義務付けの審査から逃れる。外部からのチェック不可能な“裏金”
また花火が打ち上がりましたー🎆
文春すごいな、政府と電通に噛みついて、と思う。
新聞や民放は電通を敵に回わすと事業存続に影響するから利権関係の疑惑の取材が緩くなるのに、文春だけがこの疑惑を追いかけているようだ。
新事実が発覚‼
電通が設立時の代表理事に対し「サ協案件」等の名目で約1000万円を支払っていたことが「週刊文春」の取材でわかった。この代表理事は、赤池学氏。サ協設立時から2年にわたり代表理事を務め、株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所(UDI)所長も務めている。
個人的には、電通を解体するのが国民のためだと思います。
「電通の“幽霊法人”である一般社団法人「サービスデザイン推進協議会(以下、サ協)」…電通が設立時の代表理事に対し、「サ協案件」等の名目で約1000万円を支払っていた」|7/1文春オンライン:
ああ、こうやって甘い汁をちゅうちゅうと吸っていたわけだね。
#ニュース #企業
アレ内閣・政府がスクープネタの大盤振る舞い

→『巨額の公費を受注した社団法人のトップに、再委託を受けた電通が約1000万円を支払った疑い』

>
税金吸血会社。
文春ありがとう😂
もっと攻めて。
どんどん攻めて。
SIIとサ協に関する報酬を電通が肩代わりする形で、赤池氏側に年間1千万円ほどの支払い…民間同士の契約にすることで、国の事業に義務付けられる審査の目から逃れられる。

公金泥棒!💢
サ協www めんどくせぇしなwww:
随分前からでしょ?ってか在日の仕組みは戦前からあるからなんで在日を根絶やしにしないのか理解に苦しむ。パラサイト民族w
電通案件は闇すぎる。。。 / (文春オンライン)
国賊企業のでん電通💢
文春、やるな!
文春の情報収集力って、ホントすごいなぁと感心する。文春がなかったら、どれだけ多くの疑惑が闇に葬られていたかと考えると恐ろしい。
電通が持続化給付金のサービスデザイン推進協議会理事長に1000万円を“還流”の疑い(文春オンライン)
もっと見る (残り約27件)
 

いま話題のニュース

PR