テラスハウス 木村花さん ネット炎上を「使える」と利用したフジテレビ | 文春オンライン

「嬉しい!でも、私なんかが出ていいのかな……」恋愛リアリティ番組「テラスハウス」(フジテレビ系)への出演が決まり、喜びながらも戸惑っていたプロレスラーの木村花さん。笑顔の報告から8カ月後、彼女は22年...

ツイッターのコメント(31)

YouTubeとかも視聴者稼ぎでやりすぎる問題がたまにあるけど、やっぱり似たようなものなのかな
わたしテラハファンです。今までの全部見てる。
花ちゃんの死はすごくショックだったよ。
ある程度覚悟して参加するだろうけど、その子のキャラにもよるし難しい問題だね。
「週刊文春」編集部
2020/06/06

source : 週刊文春 2020年6月4日号

genre : ライフ, 芸能, テレビ・ラジオ, 社会
>モーニングショーやサンデーモーニングなどと同じ炎上ビジネス。山里亮太らが出演者について「怖いね〜あの子は」「クソみたいな奴らがいなくなってよかった」などと発言し視聴者を煽ることもあった?
> 「テラハのように、芸能人のMCが出演者に辛辣なコメントをする構成では、視聴者も『こいつは叩いていいんだ』と勘違いしてしまう。

コレッて日本の低レベルな「お笑い」の構図そのものなんだよな…。
周りのTVの大人たちが一番悪い
SNS規制ではなくて、番組のあり方をフジテレビが自主的に検討すべきじゃないか。
「5月に保護猫を引き取り、『からあげ』と名づけて可愛がっていた」
山里亮太らMC陣が、出演者について「怖いね〜あの子は」「クソみたいな奴らがいなくなってよかった」などと発言し、視聴者を煽ることもあった。ITジャーナリストの篠原修司氏はこう語る。
視聴率第一主義のため。フジの責任は重い
 
PR
PR