TOP > その他のニュース > コロナ禍だからこそ「自分はいないほうがいい」……バトルアニメ神回で「弱者」と「非常時」について考えさせられた | わたしの「神回」 | 文春オンライン

コロナ禍だからこそ「自分はいないほうがいい」……バトルアニメ神回で「弱者」と「非常時」について考えさせられた | わたしの「神回」 | 文春オンライン

羽佐間翔子は戦った。戦い、そして蒼穹(そうきゅう)に散った。翔子の声を演じ38歳の若さで亡くなった声優の故・松来未祐氏は、その理由をこう推測している。「自分の存在意義のためだと思っています。とても危う...

ツイッターのコメント(13)

文春でもファフナー記事。これは良記事なので、最後まで読んでほしい。 →
タイトル見て一瞬こじつけか?と思ってしまって本当に申し訳なかった ガチ勢の記事だった
ファフナー見たことないんだよな
コロナ禍だからこそ「自分はいないほうがいい」……バトルアニメ神回で「弱者」と「非常時」について考えさせられた。アニメシリーズ「蒼穹のファフナー」なんでこんな時に、松来未祐
さんのお名前が?と思ったら、そういう事ね。
アニメシリーズ「蒼穹のファフナー」
コロナとファフナーを関連づけるとは…たまげたなぁ…。
コロナ禍に関係なうファフナーはいろいろ考えます。
今の情勢だからか、そんな視点から語られるのは興味深い。
ファフナーについての寄稿だったのか!
エヴァ以降増えた鬱展開や、自分の存在意義とか、個人的にはウザくてたまらない。そういう作品は大嫌い。
>ファフナーの話だ!!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR