TOP > その他のニュース > J-POPの表現も中国基準へ? 酸欠少女さユり「MV削除事件」が示す暗い未来 | 文春オンライン

J-POPの表現も中国基準へ? 酸欠少女さユり「MV削除事件」が示す暗い未来 | 文春オンライン

11月下旬、日本のシンガーソングライター、“酸欠少女”さユりのMV(ミュージックビデオ)が中華圏でちょっとした話題になったことはご存知だろうか?さユりを知らない読者のために説明すれば「人と違う感性・価...

ツイッターのコメント(44)

反吐が出る案件だな
これで事前に目をつけられて燃えやすくなってたかなーという連想はした
ヒロアカといえばこんな事件もあった。もはやグローバルビジネス的には「中国には足を向けて寝られない」のが現実なのかもしれない。
びっくり仰天。でも、さユりの黄色いギターはもとからなんだけどなぁ。まぁ、要するに問題なのは中国の独裁政権であることは間違いなし。ただ、ソニーはたぶん今やヘタレな会社だから、さユりをちゃんと守る志があるか、それが心配である。
ハリウッド映画も同様に、'10年代以降莫大な市場を睨んで露骨な中国(本土)びいきを進めてますね。今回挙がったれこード会社の対応も同じく「やっぱ将来的な自由・独立より目の前のコレよw(と指で輪っかを作る)」…その結果はどうなるか知らんけど、責任は負わないでしょうね。
記事の内容全く読んでないけど、まず文春オンラインを削除するべきだと思う。
─ 政治的正しさとはなにか。表現の不自由展が開ける日本は人権先進国ということか。
アメリカの倫理の輸入に加えて中国の倫理も輸入となるとカオスだなぁ。
中国市場の魅力に負けてレコード会社が民主主義的な価値観を売り渡すという、資本主義が自己検閲を促したとみられる事例。
酸欠少女さユり「MV削除事件」が示す暗い未来(文春オンライン)
表現の不自由展で声を高らかにしていた人達は、どう思っているのだろう🤔
これには何も言わない日本のエセリベラリスト(笑)
ニュースにしてくれてありがとう、文春さん
-

→大陸中国人は共産党独裁の下で生きなきゃならぬ酸欠だ
MVフルが2日で消えた理由ってこれなの?
限定プロモで短期間公開だと思ってた。
尚更、消すべきじゃないわ。
ふざけるな
ヒロアカのために歌われてる曲だぞ?お偉いさん方はなにを勘違いして騒いでるんだ?
言いがかりつけてんじゃねえよ
サユりは前からガスマスク登場してるしちょっと過剰かなぁと思うけど、アジア含めた世界展開目をつけられた以上「大人の対応」するしかないよね…
一回炎上すると取り返しつかない
(3ページ目) 冷戦時代の旧ソ連は軍事力はともかく経済力では明らかにアメリカ服務西側諸国に負けていたが、今の中国は経済力でもアメリカと互角というのが大きな違いか。
面倒なことになっちまった。
じゃ、金のためにチベットやウイグルを許容するのか、というリスクの判断も難しいと思うけど。
"全世界のソニー系歌手が中国で軒並みボイコットやコンサートの妨害を受けたり"
日米欧といった「西側」が甘やかしたツケ…と言ってしまえば身も蓋もなくなるけど、「ポリコネの悪用」はこの件に限らず形を変えてドンドン顕在化してくるだろうな。
中国の国内市場や、欧米やオセアニアに存在する巨大な華人マーケットからの反発を避ける目的ゆえの「大人の判断」が下された可能性は否定できないだろう
消えた理由🥺
こんな事もあろうかと思って(思ってない)、ローカルに保存しておいた »
>グローバル経済のもとでは、大企業を通じてリリースされる表現は、たとえ企業幹部による1本のツイートや“酸欠少女”のMVであっても、14億人の市場を擁する中国の基準で「政治的に正しい」表現を意識せざるを得ない
無用な衝突を避けるための配慮かな。お気持ちムーブで面倒になることが多いけど、国家が絡んでくるとなお面倒。嫌な時代ですね。
グローバル化により巻き起こる企業の自主規制で、表現はまた死ぬのではないか?
というお話
ふむぅ。政治的な理由だと、もはや無かった事にしてるような対応も納得はいくけど…
さユりちゃん、運営に恵まれないね。。
そろそろ中共におもねる企業に懲罰課税する制度が必要なんじゃないか
『問題は削除が中国国内の動画サイトだけにとどまらなかったことだ。なんと11月29日ごろまでに、YouTubeやApple Musicで公開されていた「航海の唄」のフルバージョンのMVまで、なぜか次々と見られなくなったのである。』
これこそが「表現の自由」の危機ですねぇ
知らなかった。悲しみ /
表現の自由は不自由だね.../
中国のヒロアカ人気凄いし集英社も中国の作家と協業し始めてるからそっちに飛び火しないように早目に過剰に対応した感がある。
自主規制という名目で表現の自由が無くなっているね

(概要)→MVは香港のデモを連想させる内容
ようつべなどでの相次ぐ削除は、中国経済圏への配慮(売上の減少を懸念)しているものと推察
これ読むとわりと被ってんのなって思った
今回CDに付属されなかったのとかも怪しくなってきたし、製作者だれや
え?まじ!?MVないの…
こんな状況なら恐ろしくて中国では商売できないな…
Discover(Google)から
日本のクリエーターも人文社会リテラシーの強さを試される時代へ。クールジャパンをするには覚悟が必要なのです。=
「「赤い万里の長城」から塞外に遠征をはじめた中国の言論統制に、日本や世界はどう対応するのか」
(3ページ目)  力こそ正義アル
【寄稿】グローバル経済のもとで、大資本を通じて発信される表現は、たとえTwitterやYouTubeのような西側プラットフォームを用いたものでも中国様への"政治的忖度"が必要な時代に? という話
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR