TOP > その他のニュース > 女子プロ野球大量退団 選手たちを悩ませた“首領さま”と“女子高生制服撮影会” | 文春オンライン

女子プロ野球大量退団 選手たちを悩ませた“首領さま”と“女子高生制服撮影会” | 文春オンライン

「本当は現役を辞めたくありません。続けたいと球団や会社に伝えましたが、『契約しない』と戦力外通告され、クビを切られました」「週刊文春」にそう訴えた元女子プロ野球のA選手は、暗い表情で肩を落とした――。…...

ツイッターのコメント(57)

これ知らなかった。
わかさ生活の社長、気持ち悪い、最悪。
文春の角谷社長叩き⬇️ でも記事で書かれている選手の待遇は、サッカーなでしこリーグだって同等かそれ以下でしょ。

>こんな事態が起きた原因は――。リーグ関係者は「日本女子プロ野球機構の名誉理事を務める、わかさ生活の角谷建耀知社長です」と吐き捨てる
プロ野球選手に制服着せて撮影会させるのって完全にセクハラじゃん。
拙い独裁体制が才能ある人々を流出させるという。。。
超絶ブラック企業だったんですねぇ…
結局社長が好んでいたのは、女性が直向きにプレイする野球ではなくて、野球をプレイする従順な女性の方だったということか。
キモいオッサンがセクハラしたりワガママ言ってる話🤮でもワカサ製薬の購買層高齢者だから影響無いんだろうな。やるならCM流してるテレビ局へクレームかな

ただ野球をやることがこんなに難しいなんて。男女差がすごすぎる。
女子プロ野球本当にもっと定着してほしい。
とりあえずNPBの傘下とかではダメなんかな?
わかさ生活一社は本当にダメ。
「野球を頑張っている女の子たちに女子プロ野球を心から勧められない。運営方法とか野球をする環境に問題があったと思う」
コスプレならわかるけどなんで全員が女子高生なんだよ
メジャーの薫みたいにドルフィンズのユニフォームでいいじゃん
本当なら酷い。経営者は自分を客観的に見れないのかね。
どこかで見たようなワンマン
やはりプロスポーツにも労働組合は必要!
映画「プリティ・リーグ」では第二次大戦中に勃興したアメリカ女子野球リーグを描いていて、観客ウケを狙ったユニフォームに悩むシーンなどがあったが、21世紀の日本の女子リーグはそれ以下のような。
経営者や支援者(ファン)が「金を払ってやってんだから言うことを聞け。特に女は」という日本の風潮が色濃く反映されていると思う。労働者の権利が踏みつけられている。
プロレス団体かな。
労働組合を作りましょう!
ろくなもんじゃねぇなぁ…この社長。▶︎
「こんな事態が起きた原因は――。リーグ関係者は「日本女子プロ野球機構の名誉理事を務める、わかさ生活の⻆谷建耀知(けんいち)社長です」と吐き捨てる」「典型的なワンマンタイプで、周囲が意見するとすぐキレる気分屋なのです」
一度だけ試合を見に行ったことがあるんだけど、わけわからんダンス踊らされてて選手たちが気の毒だった。
客層は野球を見にくる人のそれではないという印象。
どこまで本当か分からないけど、スポーツをプロとして成立させるための基本は競技レベルなんだよなあ。
女子野球がダメになった理由
野球選手には野球を。こんな状況ならプロ野球組織とか解体した方が選手の為になるのでわ?
本当は野球にちゃんとした組織が有ればと思うけど、プロ野球って企業カルテルだから、どこも改善には動かないよなぁ。
日本はマイナースポーツにはとことん冷たい。
わかさは何故、球団というかリーグを作ろうと思ったんやろ?
上手くいかないのは最初から分かってただろうに💦
>
諸悪の根源、⻆谷建耀知(けんいち)わかさ生活首領様
最後のオチw
やっぱり一社独占のプロより、クラブチームから各地での独立リーグ化の道を構想する方が良いと思う。そういう動きもあるのかもしれないし、それこそ何十年もかかる話かもだけど
首領さまみたいのがトップだと崩壊、沈没しますね。
お金になるとキレて突如本性を現すワンマンだと余計に。
どうだろうなぁ。プロって言ってもどこまでの実力なんだか。しかも客呼べるの?これだけだと普通に温い選手。
大人の選手に女子高生制服で撮影会やらせるとか、記者にバレンタインチョコ配らせるとか、セクハラとパワハラが酷すぎて反吐が出る……
ひどい、というかプロってなんだ。わかさ生活の一部門でしかないやんけ。
DeNAとか大塚家具とかやらないかね
確かにおかしな事やってるなと思いました。アイドルじゃねぇんだから。そんな事せんでも女子野球は人気がちゃんと付いてきてたのに勿体無い。
AV予備軍だな、これは(笑)
正直、わかさ生活の道楽でしかないのが…興業として成り立つかというと…
記事読んだ。
まぁまぁまぁ…っていうか。
男女問わず、アイドル売りを嫌がったらプロスポーツなんか成り立たんからな。

柔道とかレスリングとか、アマチュアスポーツはそれでええかも知れんけど、プロはね…。
結局、「無理があったのだろう」という結論に至らざるを得ない。
制服着せて撮影会。ああもう。
選手たちを悩ませた“首領さま”と“女子高生制服撮影会


「今回提示された契約はシーズン期間の3月から11月まで。冬のオフシーズンは、月給が支払われない。
自分たちで何とかするか、わかさの社員として契約することも提示されました」

3カ月は無職か。
女子プロ野球のレベルは「魅せる野球」ではなく「楽しむ野球」
つまり草野球レベル。年俸220万円でも高いかと。
「わかさ生活」としては新規事業開発に失敗したというだけ。批判は的外れ。
本件でジェンダー論を持ち込む方が、お金を出して彼女達の面倒を見てあげてください。
何だろ…スポーツ選手として扱わなくなると終わっちゃうよ
そうは言っても日ハムも学園みたいなことやってたからなぁ💦
全部が本当かどうかはわかりませんが、経緯は間違いではないと思います。

この際、膿を出し切って、本当に野球女子の憧れになれる女子プロ野球に変わって欲しいです。
(ちなみに首領様は聞いた事がないですね…将軍様は聞いた事がありますが)
もうこの流れは止められない。
こんな形で女子野球が世の中に知られるのは不本意だけど仕方がない。終焉の時。

讃えるべき功績もあるけれど、その代償は大きい。
企業としてもこのイメージダウンは痛手。

もっと早く気づくべきだったし、周りはそれを感じていた。。。
選手たちを悩ませた“首領さま”と“女子高生制服撮影会”(文春オンライン)  なるほどなあ
わかさ生活ってのはそういう会社なのか。
ごんぶとタニマチの道楽だとこういう事態にもなるわな
以上
 

いま話題のニュース

PR