ラグビー日本代表躍進の理由は、外国出身選手が「助っ人」でなく「我々」になったこと | 文春オンライン

奇跡も二度続けば実力だ。9月28日のラグビーワールドカップ・アイルランド戦で、日本は世界ランク2位の強敵を19-12と退けた。2015年の南アフリカ戦に続く快挙だった。確かな地ならし、基礎があるからこ...

ツイッターのコメント(12)

2019年の記事。何で日本が強くなっなたか。とても勉強になる。
トピックだけで良記事とわかるいい例。インプはこうやって集めるのか🤔アウトソーシングも「外注」ではなく「参画」になったら伸びるよねー
類型な記事が多くて期待してなかったが、しっかりした記事だった。
ライターが党首で納得😃
それでも違和感がある自分です、、、ラグビー日本代表躍進の理由は、外国出身選手が「助っ人」でなく「我々」になったこと(
我々になった。

そう思うね。日本のために心ひとつになれる人たちに国籍なんて関係ない。

日本は、日本人は、永遠に悪者。俺たちのいうことを聞け。無償化しろ。差別だー。
って主張ばかりされる方々もいるけど、少しは見習ってほしいね。
良記事。宿澤さんにこの大会を見て貰いたかった。||ラグビー日本代表躍進の理由は、外国出身選手が「助っ人」でなく「我々」になったこと(文春オンライン)
トップリーグの豊富な資金は大企業有ってこそだよね、世界トップ級が日本に来るのもそれだし。プロ化したいらしいけどどうする?
言えてる!国歌を堂々と歌っている。競技や日本人と言える選手でも歌えない人が散見される。
ラグビー日本代表は堂々と歌っている。
>ラグビー日本代表躍進の理由は、外国出身選手が「助っ人」でなく「我々」になったこと(文春オンライン)
ラグビー日本代表躍進の理由 外国出身者が助っ人ではなく「我々」に
Xリーグに通じる点がいくつも。「中途半端な仕組み」は知恵を絞った結果なんだろうな。。
やはり宿沢さんは偉大だった / ラグビー日本代表躍進の理由は、外国出身選手が「助っ人」でなく「我々」になったこと(文春オンライン)
彼(制度設計を担った故・宿澤広朗氏)はW杯で史上初勝利を上げた代表の指揮官で、三井住友銀行の頭取候補に名が挙がっていた有能な金融マンだった。他競技は有力実業団の多くが廃部の憂き目にあったが、ラグビーは有力チームがほぼ全て令和まで生き残った。(本文より)
以上
 
PR