元農水事務次官“御曹子殺人” 「運動会の音がうるさい」と口論 殺された44歳“引きこもり息子”の素顔 | 文春オンライン

「昨日は、隣の小学校で運動会が行われていたので、そんなことが起きていたなんて、まったく気付きませんでした。いきなりパトカーや救急車が何台も来て、騒然となっていた。私のところにも夕方4時くらいに警察が来...

ツイッターのコメント(161)

この犯人には少なからず同情するのだが、

論点逸らして、全ての国民の生命と財産を犠牲にしてでも引きこもりを救済しろとかコメントに書いてるのは一体何なんだ?
どちらにしても、無くなって良い命はないと思います。きれいごとに聞こえるかも知れませんが‼️子供を持つ親なら誰でも解ること❗
運動会はうるさいことはうるさい。しかし静かな運動会なんてできないしやる意味もない。それで殺人事件に発展しては敵わないのだが...

 殺された44歳“引きこもり息子”の素顔
色んな個別の要素があろうけど、親や兄弟など「偉い家族」を持つとどうしても自分と比較してしまうんだろうか?例えば自分が京大受かってなかったら高校の同級生に引け目を感じていたかも知れない…
>一家が引っ越してきたのは十数年前だが、不動産関係者は「今度すごい人が来ますよ!」と近隣に触れ回っていたという。最近でも黒塗りの車が自宅前に迎えに来るのが目撃されていた。熊澤容疑者は背広を着て、車に乗り込んでいたという。
途中「黒塗りの高級車」に見えた。
事務次官、引きこもり中年息子を殺害。社会的地位はトップ、さらに金もあり老後の心配もない日本の超エリートでも決して幸せではない。そこまでの戦慄な毎日出なくても、私はしあわせになる事を忘れたお金の話はナンセンスだと思うのです。
自尊心が肥大化し、腕力が強く、攻撃性の強い人間を、平和裏に就業支援やら何やらでどうにか出来ると信じるのは楽天的すぎる。「予防的措置」と「事件を覚悟」の二択で現状社会は後者を選んでいるが今後はどうかな? / “ 「運動会の音がうるさ…”
殺された44歳“引きこもり息子”の素顔
熊澤さんは子供をもつべき人ではなかったのかもしれないですね。
凄く聡明な方なのは確かだけど、子育ての才覚は0でしたって話で。
よく引きこもりでゲームがネットがって言われるが、引きこもってる間に出来るのはゲームやネットやテレビぐらいなんですがテレビが言及…

 殺された44歳“…
息子に手をかけた元農水事務次官
息子44歳無職で
10年一人で住んでたって事は
仕事をバリバリしていた頃両親は
金銭だけ出して放って置いたんかね🤔
人との接触を絶って家の中でネトゲ三昧
人格形成が…上手く出来なかっただろうよなぁ🙄
#グッディ
 

 
PR